2017/01/14

お姑さんと仲良く付き合う方法とは

 

嫁と姑、、、て聞くだけで険悪なイメージがわいてきますね。
ママ友と話していても、子供の話題の次にお姑さんの話題って多いような気がします。
でも、昔みたいに本当に鬼婆!!って感じの、意地の悪いお姑さんも少ないような。
友人のお母さんは昔、お姑さんに椅子を投げられたと言ってました、、、何があったんでしょうか、、
でも。お姑さんと仲が良いと子供を預かってくれたり、色々サポートしてくれたりありがたいのも事実です。

気が合わないお姑さんとも、嫌い!と決めつけず、なんとか上手く付き合えるといいですよね!
スポンサーリンク

お姑さんと上手く付き合っていくために

別居しているお姑さんなら、たまに会っても中々話が続かないもの。

特に、子供や夫がいない時にはなおさらですね。

ぺらぺらしゃべってくれるお姑さんならまだいいけど(いいのか?)取り合えず話題をふってみましょう。

 

話のきっかけは子供の話題

最近のお姑さんは健康的で趣味も多く飛び回っている人も多いですね。

でも、やっぱり孫は可愛い!!

お姑さんとの間に何も話すことが無くても

「あの子、最近こんなことが出来るようになったんですよ」とか

「最近、学校でこんなこと覚えたんですよ」と話題を出せば、何となく話は続くもの。

その結果「○○(夫)の時はこーだった、もっと出来るのは早かった」とか昔の話が延々と続いても

「へえぇぇ~~そうなんですか」「はあぁあ~~すごいですね」を使いこなして頑張りましょう。

上級編:「○○さん(夫)の時はどうだったんですか?」

 

上手に相手をほめる

人って、嫌いな人といると段々気持ちが顔に出てきてしまいます。

相手だってそれに気が付くし、絶対に良い関係なんて作れません。

もし、相手の事が嫌いだなと思っても、笑顔で上手にほめてみて!!

何とか相手のほめる部分を探して無理にでも自分の気持ちをごまかす。

すると、何となく相手の長所が見えてくる。

何度も長所を探していると、嫌いな感情が段々薄れていくそうです。

上級編:「わ~~お義母さん、そのお洋服きれいですね、すごく似合ってますうう」

 

頼み事をすると好感度UP

あなたのまわりで、おねだり上手な人っていませんか?

あからさまに「ちょうだい、ちょうだい!!」っていうくれくれ女ではなく、

「わあ~~美味しそう~~~」とか、「可愛い~~私大好きなんですう」

とか、相手をいい気にさせて、おこぼれをもらうような。

人って、不思議なものです。おねだりだと分かっていても

おだてられ、頼み事をされると面倒に思いながらも嬉しくなっちゃう

その満足感が「おねだり」した人への好感度につながっていきます

特にお嫁さんから、さりげない頼み事をされるとお姑さんはとっても嬉しいみたいですよ。

上級編:「わあ~~お義母さん、これ素敵!!どこで買ったんですか?」

↑買ってくれるかも。

 

「お料理教えてくださいね」は魔法のことば

これは昔から言われていることですが。

「お料理教えてくださいね」という言葉って魔法の言葉だと思うのです。

(お義母さんの料理はおいしい、上手だ、私も作りたい、夫を喜ばしたい、子供にも食べさせたい)

という気持ちが込められていると(実際これっぽちも思っていなくても)

お姑さんは思うし、安心するのです。単純に、すっごく嬉しい言葉なのです

嫁、姑に限りませんが、「教えてもらう」というのは人間関係をまるくします。

得意分野を「教えて」と言われて、イヤな人はあまりいませんね。

むしろ教えることが快感にもなるそうですよ「認められた」ということですから。

上級編:「お料理教えてください!お義母さんのおでんがすごく美味しかったので」

 

イヤミな相手への対処法

もし、グチグチとこうした方がいいとか、ああしろという

イヤミなお姑さんだったら、ひとまず話を聞いてあげましょう。

ふんふんと話を聞いて、適当に「そうですね」とか

「そうだったんですか」を繰り返す。

人は反論されると余計に相手を押さえつけたくなっちゃう

素直に聞いてくれると、逆に「言い過ぎたかも」と自分で自分を反省するそうです。

(もちろんいい気になって、もっとまくし立てる人もいます)

グチグチいう人は、その人自身、グチや不満が溜まっている人が多いので、

心に余裕があれば、お姑さんの話に話題を持っていき、グチを聞いてあげてください。

いつの間にか、お姑さんはあなたの味方になっているかもしれませんよ。

上級編:「お義母さんも色々大変だったんですね、私なんてまだまだですね」

 

私達もお姑さんになる

たとえ、子供が女の子だったとしても、子供の結婚相手とは義理の親子になるわけで

なんとか上手に付き合っていきたいですね。

今は昔よりも子供に関わる時間が多い分、

いつか結婚したら親の手から離れるということを今から覚悟しないといけません。

夫もお姑さんが大事に育ててきた子供なのですから

まあ、口を出したくなる時もあるでしょう。

そこを理解して、お互い気持ちよく付き合えるよう頑張りましょうね

忙しいママ達にとって、心強い味方になってもらいましょう!!

ただ、なにごとも、ほどほどの「距離感」が大事みたいですよ。
よろしければポチっとお願いします
にほんブログ村 健康ブログ 心と体へ
にほんブログ村
 

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です