やる気のスイッチを押す7つの方法

 

いよいよ2017年がやってまいりました。

あなたは今年こそは頑張るぞ!!という目標はもう立てましたか?
私自身は、自分の仕事のスッテップアップを目指すことと、子供の成績を何とかしようという二つのしんどい目標を立てました。

しかし、毎年目標は立てても段々面倒になって、目標自体どうでも良くなってしまいますよね。

今年こそ満足できる一年にするため、「やる気」が続く方法を7つご紹介します。
スポンサーリンク

まず目標を考えましょう

お金を貯めるのか、ダイエットを頑張るのか、資格や試験に合格するのか、おおまかな目標は色々ありますね。

では、「どうして」それを目標に頑張るのか現実的に考えましょう。

目指している目標が無いと人は段々飽きてきて、どうでも良くなっちゃいます。

節約・準備編でも触れましたが、「今日くらいいいじゃん」というもう一人の自分は強敵なのです。

目標をいつでも忘れないように目に見えるようにしておくのも大事です。

ただ、お金を節約するのではなく、このお金がたまったらハワイに行こう(実際に行かなくてもいいのです)とハワイの写真をデスクトップに設定する。

ダイエットしたら憧れのショップの服を着よう、と実際に服を飾ってみる。憧れのタレントの写真を貼る。

あの資格が取れたらこの会社に応募しよう、と実際の会社の資料を置いておく、など。

①出来そうな小さな目標を立てる

ダイエットをするにしろ、最初から「10キロ減量目標!」だと後が続きません。

また、始めは一日腹筋50回しよう、とか毎朝早起きしてマラソン5キロ走ろうとか無理めの目標を立てがちですね。

やる気のスイッチはすぐに押せなくなります。

何とか毎日「出来る」目標、とりあえず「一日腹筋15回を一週間続ける」ぐらいから始めましょう。

一週間続いたら自分をほめてあげてね。それから少しずつ厳しくしていけば無理がありません。

②スケジュール帳に目標を書く

もちろんスマホアプリでいいのですが、私は紙の手帳に書く方が好きです。

一日分でも、一週間同じ目標でもいので目標を書きこみます。

そして一日の終わりに○をつける、又は成功した!と書きます。

これは、見返したとき、自分はこんなに頑張れるんだ!という証拠になるし、これだけやったんだからもうちょっと続けようというモチベーションにもなります。

このちょっとずつの「小さな成功」が積み重なってあとで「大きな成功」になりますよ。

③面倒な時は考えない

あああ~~~今から腹筋かあ~~~面倒だな~~という気持ちも、もちろんやってきます。

やる気のスイッチを入れるとか、まだ入らないとか。

はいっ、考えない。とりあえずやる

頭がいやがっていても、体が動いていると頭も「出来てるやんっ、私って」モードになってくるのです。

私はトイレ掃除が苦手でしたが、入るたびに頭を白くしてとりあえず洗剤をまき散らしています。そうすると面倒でも掃除をやり始めるのですが、段々乗ってきて念入りにやってしまう時があります(余裕のない時は別ですよ~~~~トイレだし)

④目に入るようにした目標をじっと見る

写真でも、デスクトップでも目標をじっと見てみましょう。あなたの未来ですね。

あの、憧れの、なりたい自分の未来は、ちょっとした行動で確実に一歩近づくのだな、と考えましょう。

実際、行動しないと何も近づいてこないし何も手に入りません。さあ、行動しましょう。

⑤スマホを消す

私もあるのですが、はっきり言うと現実逃避なのですね。さわり出すとやる気の「スイッチ」は中々押せません。

ちょっとLINEをチェックしてから。

メールが来てないか確認してから。

ゲームが時間経過して作物を刈り取らないといけないから(何のゲームでしょう)

スマホの中には色々な誘惑がつまっていて、いじっていると時間があっという間に過ぎてしまいます。

特に「時間泥棒」系のゲーム(島とか国を作るような)は、プレイしていると1時間なんてあっという間に過ぎてしまいます。

スマホは1時間さわらなくても生きていけますね。とりあえずスマホをしまって、自分の目標に向かい合いましょう。

⑥あなたの周りの人に言う

もちろん、目標をみんなに言うのはちょっと恥ずかしい事もあるけれど、

「今日はやらないの~~」とか

「もうあきらめたの?」

と言われると、ムカっとするけれど、協力してくれてるんだと前向きに受け取ってスイッチを入れましょう。

また、「これからやるから」と言って始めると、じゃまが入りにくくなります。

⑦決まった時間にやる

毎日決まった時間にやってみましょう。

人って、一か月同じ行動をすると「習慣」になって、いちいち「やる気」のスイッチを押さなくても体が自然と動くそうです。

でも忙しいママには難しいかもしれません。すぐに子供や夫から

「ママ~~あれどこだっけ~~」

「ママ、お菓子ちょうだい!!」

とか呼ばれちゃうからです。

でも、「この時間だけはママ出来ないからね」と宣言して時間を確保する。

自分も家族もそれに慣れてしまえばこっちのものですね。

今年こそはやる気のスイッチを押し続けて、あなたの目標や夢をかなえましょうね。
よろしければポチっとお願いします
にほんブログ村 健康ブログ 心と体へ
にほんブログ村

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です