夫にイライラして嫌いになる前に

 

前にお姑さんとの関係について調べていたときに出会った言葉で

「夫婦仲が悪いのは男の母親が原因」というのがあります。

私にも息子がいるので、ぎょぎょ!!となりましたが、言葉がきついだけで納得できることでした。

夫が何もしてくれない、だらしない、とイライラする前に、

どうしてそうなったのかを知れば、少しは解決の方法がわかるはずです。

スポンサーリンク

女性は男性を子供あつかいする

母親は、娘の事は気が合えば友達のように付き合えるし、表面上仲が悪くても大きくなるにつれて頼りにします。

しかし、息子の事はいつまでも手のかかる子供だと思っているのです。たとえ息子が40、50のおじさんでも。

 

母親が原因?

昔から女性は、今の教育がどうであれ、誰かをいつくしみ養うように脳が配置されているそうです。

しかも息子に対してはその傾向が強くなります(私は薄いですが)

息子がちゃんと食べてくれるように料理を考え、ちゃんと見えるように衣服を整え、ちゃんと過ごせるよう部屋を掃除し、秘密のお小遣いをあげ、脱ぎ捨てた服は「本当にしょうがない子ねえ」と言いつつ拾って洗濯してあげます。

息子を世間の荒波から「守って」あげたくなるらしいのですね。

その結果どうなるでしょう。

男性の多くの人が、「やってもらって当たり前」のまま結婚したとしたら。

 

結婚前の女性だって同じ

結婚前の女性だって、同じようなものですね。

男性が母親のようにかいがいしく「お世話」をしてくれる女性を求めていることを本能的に知っているのです。

だから付き合いだして間もないころは喜んで男性のお世話をします

新婚当初もそうでしょう。とにかくお世話を焼きたくなるのね。

お世話を「やってもらって当たり前」の男性と、お世話を「したい」女性。

ぴったりと、ずーっとお互いの感情が一緒なら問題なさそうですが。

しかし、子供を産んだあたりから段々と女性の意識が変わっていくことに男性は気が付かないといけませんね。

女性のお世話の対象が移ってしまったことに。

 

イライラしてストレスをためる前に

私のまわりにも、夫を子供あつかいする人は沢山います。

「うちは子供が3人だから(実際は2人+夫)大変!!」なんてグチはしょっちゅう聞きます。

本当は女性だって新婚当初は男性に甘くしていたのに!!

けれど、そのグチグチや小さな不満が心にいっぱいたまった時、

突然爆発して、急に夫への気持ちが冷めてしまう危険があるのです。

夫が片づけが出来なくてもああ、お義母さんが過保護にしたんだなあ(自分もね)理解をして

私はお義母さんじゃないのよ、自分で出来ることは自分でしてねと話し合いましょう。

女性は具体的に指示しない人が多く、「ちゃんとしてね」で通じると思いがちですが

具体的に「何を」「どうしてほしいか」言うべきです。

また、プライドを絶対に傷つけないように

  • 「子供がまねをするから、物を出しっぱなしにしないでね」
  • 「子供が危険だから、服を脱ぎっぱなしにしないでね」
  • 「同じティッシュで鼻は2度かめるのよ~知ってた!?」

優しく伝えたほうが、実行してもらいやすいようです。

そして、男性が実行してくれたら、優しくほほえんでありがとうといいましょうね。

 

息子(娘)に対して過保護にしていないか

大事大事に育てた子供もいつかは大きくなり結婚します。

やっぱりお嫁さんやお婿さんと仲良く暮らしてほしい、幸せな結婚生活を送ってほしいと思うなら

子供には最低限の自分の事は自分で出来るようにしておきましょう。

あれこれお世話を焼くのは、もしかしたら自分が満足したいだけなのかもしれません。

また、忙しい毎日だと、お手伝いをされるとかえって時間がかかるということもあるでしょう。

でも、女の子だって、甘やかしていると実際の結婚生活が短調でつまらなく感じます

なるべく、大人になる前に心の親離れ子離れをしておくことが大事だと思います。

特に日本は、母親と子供の親離れ子離れがへたなようです。

アメリカの小説などではよく「子供に良い値段で住んでいた家を売った」というエピソードが出てきます。

日本ではなかなか聞かないです。そこまでは割り切って考えられないですね。

 

まとめ

実際は男性と女性の脳の働きが違うということを知り、

考え方の違いって面白いなあ~と感じれば、イライラすることも少なくなるはずです。

もともと男性の頭には、巣を守り整えるという本能が無いそうです。

でも、今では女性より整理整頓が上手く清潔好きな男性はいっぱいいるし

男性よりもだらしない女性もいっぱいいます。

もちろん、すべてが母親のせいではありません

けれど、子供のお世話をし過ぎて子供の未来の結婚生活を壊すよりは

夫との関係をみなおして、少しでもストレスをためず、仲良く暮らしていく方が絶対にいいはずですね。


関連記事 お姑さんと仲良く付き合うためには 夫婦が理解しあえる秘訣とは
参考:嘘つき男と泣き虫女・アランピーズ&バーバラ・ピーンズ
よろしければポチっとお願いします
にほんブログ村 健康ブログ 健康的な生活へ
にほんブログ村

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です