2017/01/20

30分でアップルロールパンを作ろう

 

子供が大好きアップルロール。

毎日米粉パンを強制的に食べさせているので(たぶん飽きていると思う、、)

たまにアップルロール(リンゴのパンですね)をつくるとバクバク食べてくれます。

めちゃくちゃ簡単なのに、手がかかっているように見えます!!

ただ、こうやって生地を伸ばすパンは、米粉が多いと伸びないので

生地の半分以上は強力粉にする必要があります。

スポンサーリンク

10分でアップルロールの中身を作る

30分でパンを作ろう!の、パンの発酵時間10分間でリンゴを煮ていきます。

 

材料(パンの中身)

  • リンゴ         半分
  • バター         適当
  • レモン汁スプーン    おおさじ1(無い時はポッカレモンとか使っちゃいます)
  • 砂糖スプーン      おおさじ2(お好みで~~)
  • お好みでシナモン    少々

工程:リンゴの皮をむいて小さく切る ⇒ なべに入れバターと砂糖でいためる ⇒ レモン汁、シナモン投入 ⇒ 発酵が終わったパンに巻いていく ⇒ 切り分ける ⇒ 約10分焼く ⇒ 出来上がり!!

 

リンゴのファイリングを作ってみよう

パンを発酵させている間に

リンゴの皮をむき、小さく切っていきます。

大きさは1cm~5mmくらい。

ここで5分かかりません。

バターと砂糖で2分位いためます。

順番は適当。バターも入れなくても作れますが、やっぱり美味しいのでぜひ入れてね。

レモン汁(とシナモン)を投入。

あめ色になったら終了です。

慣れると7~8分でここまでできます。

 

発酵が終わったパンに巻いていこう

発酵が終わったパンをめん棒などでのばしていきます。

この間にオーブンを230℃に予熱しておきます。

クッキングペーパーの上だと作業しやすいよ

だいたい10cm×15cm位にのばす。

厚さは1cmだとちょっと分厚いかなあ。

はしっこを残してリンゴを乗せていきます

お寿司を巻くようにくるくるっ

これを6つに切り分けていきます。

このロールケーキみたいなのをそのまま焼いてもいいのですが

形はいびつでも気にしない!

こんな型に入れたほうがあとが楽ちんです。

予熱が終わったオーブンで10分焼く

焼きムラも気にしない!

出来上がりましたっ。

焼き終わったらこんな感じなので、型に入れたほうがオーブンはきれいですよ

 

余裕があれば

この上に、粉砂糖で作ったアイシングを振ると、素敵☆ママって感じがするし

下になる方の切り口をすぼませると

お花の様な焼き上がりになります。

パッと見、なんだか手間がかかっているように見えるアップルロールパン!!

お手軽に30分で出来るので、ぜひ作って、子供達の尊敬のまなざしを受けましょう!!

ただ、古いオーブンだと予熱に時間がかかるので30分では出来ない場合があります。

はい、実はうちのオーブンです。


関連記事

初めてでも30分で美味しいパンを作ろう

30分で米粉を使ったメロンパンを作ろう

よろしければポチっとお願いします
にほんブログ村 健康ブログ 心と体へ
にほんブログ村
 

 

 

 

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です