JAM発売!関ジャニ∞が最高!

 
JAM

こんにちは!maruです。

今回は、新アルバム「ジャム」記念!!

ファン丸出しのわたしが独断と偏見で、大好きな関ジャニ∞について語っていきたいと思います。

ただし、私は音楽自体はまるっきし詳しくありませんし、実際の番組やアルバムについての説明ではありません。

ただのオタクのたわごとです。
スポンサーリンク

関ジャニ∞を好きになって良かったなあ!!

先日の「関ジャム100回記念」回で、アイドルグループである関ジャニ∞の新しいアルバムが作られていく過程が丹念に紹介されていた。

はっきり言ってここまで「見せていいの?」と「見てもいいの?」という感想が大きい。そしてめちゃくちゃ面白い。

開放的な事務所でもここまで追って細かく紹介することは無いだろうし、普通は出来ないだろう。

しかもジャニーズという、あまり開放的とは言えない何となく謎に満ちた事務所の所属タレント。

確かに関ジャニ∞自体「これってジャニーズ?」的な事はよく言われるし、実際彼らにNGがほとんどない。

アルバムについてくる特典映像の中だけとはいえ、ほぼ裸状態でうろうろしているし、何ならコンサートの5万人の前でふんどし姿をさらした。

村上君なんか、マツコデラックスに「ブス!」ってハッキリ言われる(ただし、彼が本当にかっこいい人だからこう言えるのだ、実際の村上君は惚れてまうくらいカッコいい。容姿も性格も中身も)

さて、そんな彼らが見せた作り手の裏側というのはガチなのだ。

社会には表と裏がある

モチロン、裏側なんて見たくない場合もある。

私が学生のころ初めてやったバイトは大きなホテルでの「裏側」だった。ホテルの客室清掃で、当時一番時給が良かったのだ。

そこでは見なきゃ良かった事も、ああそうか、知って良かったという事がいっぱいあって、生まれて初めて社会の裏側を見たような気がしてショックだった。でも、今から思えば大したこと無いし可愛いもんだ。

小さなホテルでさえ、お客様の見えないところで様々な人が動いている。関わっている。

全てのものに作っている人と買う人がいて、しかもその間には無数の「間に立つ人」がいる。

例えば、今回のアルバムは関ジャニ∞が「作り手」で、喜んで購入する私達が「買う人」だ。

そして、通常その関係は「表側」なのだ。

私たちは単純に、「わ~~今回は曲に力入っているね!パッケージ可愛いい!ビジュアル最高!この企画は最高!」とか、好き勝手に言わせてもらっている。

けど、それはタレントや商品が1つの商品としてパッケージされてた後のお話。

1つの物を作るには本当に多くの人が動いて支えて作って考えて会議して、、、、

そう、それは普段私達が見る事のない世界、「裏側」なのだ。しかも、ジャニーズ。

工場でポッキーが出来る過程を見るようなことではないのだ。

関ジャニ∞が実現させたアルバム制作「裏側」公開

製作の裏側を紹介するということは、(番組内でもお話に出ていたが)関ジャニ∞がこのアルバム製作に深く関わっているからこそ実現できたこと。

だって製作に何にも関わらず与えられた物を「はい、そうですか」と受け取るアーティストだっている中、あんなに無茶苦茶忙しい時間を縫って製作に参加するなんて、よっぽど作りたい!という意思が無いとできない事。

とはいえ、「はい、そうですか」のアーティストを否定している訳では無い。

与えられたものを、自分の立ち位置やファンが求めているものを察知して完璧に演じ切る凄い人達もいるから。製作者が動きやすいだろうと製作に関してわざと何にも言わない人達もいるから。そういう人達も「プロ」なのだ。

ただ、そういう場合は裏側を見ても面白くは無いだろうな。

今回の場合は関ジャニ∞側が「こうしたい」という強い思いがあり、それを受けて製作をお願いした人とのやり取りがとても面白い。

番組「関ジャム」で共演し、その素晴らしい技術や才能を間近で接してきたからこその発注。

関ジャニ∞を認めてくれた人だからこその受注。

ただ「今度関ジャニ∞に曲作ってくれませんか!?」では無く、「作ってほしい」と「作りたい」が合致したからこそのやり取り。

これはファンじゃなくてもドキドキするでしょう!!

そりゃあ、関ジャニ∞側にもプロデューサーや事務所の関係者もいるだろうし(ねえ、本当に事務所は関ジャニ∞をちゃんと見てくれているのかな、最近はともかく、数年前はほったらかしの感じがしたんだけど)メンバーの単なる意見だけではないだろうけど、それにしても振付の動さ一つにしろ、曲のイメージにしろ、自分たちの考えや意見を伝えて、一緒に作っていくって素晴らしい。

先ほども言ったが、今回のメンバーは特に「忙し」かったのだ。

舞台の主演を務める人が3人。もちろん、一日の公演で何千人も動員するプロの公演で、2~3時間体力も集中力も持続しないといけない。主演する映画の撮影中やドラマが控えている人。アルバムに入れる曲を作詞作曲する人。その間にテレビの特番などの番組出演、レギュラー番組出演や、雑誌撮影、インタビュー、メトロック出演、バンドの練習、レギュラーのある大阪など地方への移動、その他モロモロの撮影など。

物理的に見ても息をつく暇が無い状態で、それこそ「スタッフにお任せ」状態でも誰も文句は言わないだろう。

彼らから供給される物をただ受け取るだけのファンでさえも、えっと、今回は雑誌はあれとこれ買って、特番録画しなきゃ、映画のDVD予約して、ライブも予約して、アルバムもどのくらい買うかな、あれ、明日はラジオだっけ?とかなり混乱している。

まあ、そんなことはファンにとって、ただただ幸せなことだしちょっぴりお財布とDVDレコーダーの残量が気になるくらいの話。

とにかく供給量がすごいということは、その製作側はかなりすごということだ。

今回の「関ジャム」で実際カメラに映っているのは裏側は裏側でも「映していい裏側」だろうし、実際はもっときれいごとでは済まない部分もあるかもしれない。

でも、少なくとも、積極的に製作する過程を確認し意見を言う姿は真摯であり、うそ偽りが無いように感じる。TVとして大げさな表現はなく、淡々と彼らを映していく。

初めてデモ曲を聴くときは、私も彼らと一緒に緊張し、一緒にドキドキする。

振付の場面でも、そりゃあ歌いやすい方になるよね、なんて言いながら私も安田君に同意する。

やっぱりこうやって少しでも製作途中を知ることは、その分私達にも思い入れが深くなるような気がした。

たとえ、作曲者の蔦屋さんが一体何をやっているのか(あまりの神業に)さっぱり理解できなかったとしても。

ダンスの振付を一時間でやってしまう彼らの姿を、口をぽかんと開けて見守ることしか出来なかったとしても。

アルバムJAMがやってきた

さて、そんな関ジャムを何度もリピートしている数日後、渾身のアルバムがやってきた。

1つの箱に初回限定ABが入っていた

こちらは通常版

ダンボール2箱。大きすぎでは?という、、確かにポスターが付いているから、、だけど、、

私は初回限定A.Bと通常版を分けて注文したのですが、まさかこんな大きなダンボールで来るとは思わなかったよ。

先日買った、岡崎体育のアルバムはプチプチ入りの袋にそのままポンと入っていたよ。

家族にジャニオタだと隠している人はびっくりしただろうな(私だ)

ガムテのすぐ下にアルバム!危険!カッターで切りそうに!

ただ、ポスター付きは今だけの様なので、これから購入する人はもっと小さい梱包でしょうね。

さて、中身。とてもかわいい。今までの関ジャニ∞のアルバムのジャケットは正直「おしゃれ」とか「かわいい」ものでは無かった。

それはそれで彼ららしくて好きなんだけど、宇宙飛行士のジャケットをレコード屋さんで購入した時、、、

やっぱり恥ずかしかったなあ、、、でも好き。

歌詞カードも凝っている。初回限定版の歌詞カードはこんな風に本当に「カード」で、とても素敵なアーティストによるメンバーの写真から、謎の物体までごちゃごちゃしてて、すごく楽しい。宝箱を開ける感じに似ている。一つ一つ大切に謎を解き明かす感じが本当にたまらない。いや、謎なんかないのかもしれないけどね、この「訳わからん」センスも好き。

私の楽天ポイントの使い方

さて、ここでこのアルバム、初回限定A.B、通常版を合わせると約1万円越しなのです。

メンバーの舞台やこれからのコンサートのチケット代、交通費などを考えると中々の出費なのです。

だから、私はアルバムやDVDの購入の際に楽天ポイントを使います。

というか、この為にコツコツポイントを貯めていると言っても過言ではない。

家族にオタクがばれたときに少しでも攻撃を弱くするための作戦なのですね。

今回は、ちょっと前にDVDとブルーレイを購入したばかりだったので、通常版はほぼ現金で購入。

初回限定ABはポイントで賄いました。

楽天ポイント様!!ありがとう!!

⇒ポイントが溜まりやすくなる記事を書いています 楽天ポイントがたまる!

アルバムJAMは最高です!

話がだいぶ逸れちゃったけど、とにかくJAMは最高だった。

本当に音楽の事は語れないほど無知なのだが、とにかく「捨て曲」が無い。

今まで関ジャニ∞以外の有名なアーティストの作品でさえ、二度と聞かないような曲もあるのに今回のアルバムに関してはどの曲も素晴らしい。

個人的には、岡崎体育さんの曲や蔦屋さんの曲が気分が盛り上がって好きなのだが、なぜか頭の中でずっと流れているのは、いきものがかり水野さんがつくった「青春のすべて」だ。

とにかく、頭の中を青春のすべてがずっと流れている。

もともと私は静かな曲が苦手で、わくわくした曲しか好きじゃないのに、何、この思い、初恋に似た感じの「甘酸っぱい!好き!!」が止まらない。

昔から好きだったユニコーンはもちろん「らしい」楽曲だし、ビギンの曲もちゃんと関ジャニ∞と調和しているんだなあ。

そして、リード曲なのかな「今」、最強のシングル曲達も曲が1つ1つ立っていてまぶしい。

メンバーの曲も個性が出ていて何も言えない。

中でも安田章大さんの曲は、、、安田さんを好きすぎて、、、ちょっと客観的に聴けないのですが、これって恐ろしいくらいに凄い曲じゃない!?これっていうかどっちもだけど。

私には本当に音楽の才能が無いので、感想もこれしか言えない。最高!!

 

これから何回リピートするのかな。

それこそ関ジャムがご縁で好きになった岡崎体育さんのアルバムと共に何度も何度も聞き倒したい名アルバムです。

関ジャニ∞に楽曲提供した、岡崎体育さんとの朝食デートができる!!

DVDを見ていると、体育さんが綾野剛に見えてくるのでご注意を!!

そしてあなたは、吉田さんや伊調さんと共に日本代表になるし、斉木楠子にもなるのだ!!

スポンサーリンク

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です