2017/12/12

BRUNO セラミックコート鍋は使いやすいか

 
BRUNO 鍋

BRUNOコンパクトホットプレートを購入してから数か月が過ぎました。

何でもっと早く買わなかったの!?と、すごく悔しいくらい大活躍しています。

なのでジリジリと「お鍋もBRUNO」でしたいと思うようになり、数か月悩んだ末、土鍋のふたが割れたのをきっかけに、ついに買ってしまいました!!

これまた超便利!!なので、どこが良いのかご紹介していきたいと思います。

BURNOセラミックコート鍋は使いやすいか

そもそも、BRUNO BOE021は本当にコンパクトながら使いやすいし、お手入れ簡単。

ウチはたこ焼き器メインで使っています

⇒ BRUNO BOE021のたこ焼き器を使ってみたをみてね。

BRUNO BOE021の素晴らしい点

  • 食卓に出すだけで、華やかになる。友達をよんでもOK!!
  • なんだか頑張って料理した感が出る。
  • コンパクトながら場所を取るのでおかずが少なくても気にならない
  • 長方形なので、お皿を並べる時など、配置の邪魔にならない
  • 電源口がマグネットで、すぐ外れるから小さい子供にも安心。

そうなんです。とっても手軽だし軽いので、出すのが億劫にならないんですよね、まさに忙しい主婦の味方です。

今回は張り切って買ったセラミックコート鍋でまさかのキムチ鍋を作ってみました。

ちゃんとシミなどつかずにいられるのでしょうか!!

まずは鍋プレートの紹介から。

BRUNOのセラミックコート鍋はこんな感じ

BRUNO 鍋

BURUNO 見た目すっきりセラミック鍋

第一印象は「軽くて、薄い。」土鍋の様なずっしり感は全くありません。重さは約1kg。これなら、幼稚園くらいの子供だって、お手伝いが出来そうです。

しかし、この真っ白な色。これはシミとかキズとか付きやすいのかとっても気になりますよね。

BRUNO 鍋 箱

箱の高さ約7.5cm

まず、箱が素敵。こんなのもらったら、くれた人を無条件で好きになちゃう。

本体に乗せてみます。鍋の部分が結構飛び出していますね。

セラミック鍋

セラミック鍋 横から見たところ

結構、本体から飛び出ます。

ふた

ふたをしたところ

ふたは、本体についている物を兼用します。専用のふたはありません。

ふたをした

白と赤の対比がきれい

鍋の深さ

約3cm高くなる(写真は目の錯覚で短いです)

鍋の部分が結構飛び出ているのもの、セラミックコート鍋自体が約1kg、上に鍋の出汁や具材が入るとそれなりに重くなり簡単には外れません

セラミックコート鍋・お鍋としての実力

実際どのくらい水が入るのか入れてみました。

水を入れる

お水をギリギリまで入れると3000cc入りました

ちょうどお水が3000cc入りました。でも今にも水があふれそうなので、具材を入れることを考えると2000cc位がちょうどいいかもしれませんなね。

これって、普通の土鍋(内側の直系25cm)でどのくらいかと言うと

土鍋

同じく水3000cc。土鍋の方が余裕がありますね

土鍋の方が、上部にかなり余裕があります。このまま具材を入れてもあふれることはなさそうです。

ちなみにこの土鍋は「ごく一般的な大きさ(内側直径25cm)」なのですが、上から見ると

土鍋とセラミック鍋

土鍋とセラミック鍋

大きさだけで言うと土鍋の方が小さいのね。ちょっとびっくり。土鍋って場所を取るイメージだったので。

目の錯覚なのでしょうが、土鍋の存在感がすごいのか、まるい形が圧迫感があるのか、、

高さを比べてみると

鍋の高さ

土鍋10cm、セラミックコート鍋12cm

こうやって比べてみると、土鍋の方がコンパクトで、容量も大きいことが分かります。

やっぱり、目の錯覚でBRUNOはコンパクトに見えるのですね。

しかし、土鍋の場合は、下にカセットコンロ等を置くことも考えないといけません

カセットコンロを使うとそれなりに高さも出るので注意が必要ですよね。

(うちでは、小さい子供がいたのでカセットコンロは使わず、アツアツの鍋だけを鍋敷の上に置いてテーブルに出していました。)

さあ、いよいよキムチ鍋を作ってみます。汚れが落ちやすいのか気になりますよね。

セラミックコート鍋でキムチ鍋を作ってみる

この真っ白なセラミックコート鍋。キムチのように色が移りやすい食材だとどうなのか!

ゴシゴシ洗うのは嫌だ!!テフロンみたいにハゲやすいのもカンベン!!

我ながら勇気あるなとおもいつつ、新品のセラミックコート鍋でキムチ鍋に挑戦してみましたよ。

ちなみに材料は冷蔵庫にあったもので、まったく豪華ではありませんので!!そっと目をそらしてくださいね!

さて、とりあえずどのくらいで沸騰するのでしょうか。

今回はお水1500ccで作っております。

お湯を沸かす

約2分ちょっとで細かい泡が出てきました

想像以上に、お水が温まるは早いです。

土鍋は厚みがあるぶん、温まりにくい印象がありますね(その分冷めにくいのも事実ですが)

お鍋にポン

マルチャンお鍋にポン

ちなみに今回のキムチ鍋は、マルちゃん「お鍋にポン」を使いました。

お鍋にポン

これを6こ入れています。超便利。

6分で沸騰

6分で沸騰しました

約6分で完全に沸騰。

ちなみに、セラミックコート鍋の鍋底は

鍋底

鍋の底。熱源にあたるところはむき出しです

ちゃんと熱が伝わりやすくなっておりますよ。

キムチ鍋

具材を入れてふたをします

(本当は写真に撮るのも恥ずかしかったのですが)冷蔵庫のあまりもので作ったので、具材は気にしないでね!!!

作り始めてから約10分で白菜が柔らかくなりました。

キムチ鍋

キムチ鍋出来上がり

さあ、出来上がったので頂きます、、、はいいのですが、ここからが大事です。

果たして!!汚れはちゃんと落ちるのかしら。

BRUNOセラミックコート鍋は汚れが落ちやすいか

気になるのはこういう所です。

鍋のフチ

鍋のフチ拡大

食べ終わるとこんな感じですよね。

キムチ鍋のあと

飛び散った油やキムチの汁

まずは、さっと油汚れをふき取ります。

そこらへんにある使い終わったキッチンペーパーの残骸などでザッと拭いています。

このまま洗うと、排水口の奥がベトベトになりそうですから。

私は洗剤の匂いがとても苦手で、食器を洗うのは一般的な液体洗剤ではなく、シャボン玉石鹸の食器洗い専用石鹸を使っています。汚れもスッキリ落とせるし、においがしない。

なので、特別油汚れに強い液体洗剤じゃない事を分かってくださいね。

石鹸で洗ってみた

あっと言う間に真っ白

キズが付いたら嫌だし、何分最初なので優しくなでるように洗ってみました。

凄いです。見事です。すぐに汚れが落ちます。テフロン加工の様なイメージかしら。洗いやすいし、軽いから手間がかかりません。キズもつきませんでした。

セラミックコート鍋を使った感想

想像以上に使えると思いました。ヘビーユーズしちゃいそうな位。

実際のところ、土鍋の方がコンパクトだった事が判明したのですが、

カタチが長方形というのが食卓に置いても邪魔と感じにくいようです。

しかもとても軽い。キズも(ガリガリやっちゃうと分かりませんが)普通に使っていると大丈夫な様です。

それでいて、底が本体にしっかりとハマるので、簡単にはひっくり返りません。

だから子供がさわっても意外と安心で安全ですね。

それから想像以上に水の沸騰が早かったのはとても便利です。

小さなお子さんがいるご家庭はモチロン、少し大きくなって自分たちでお手伝いを出来るようになった子供達にもぴったりだと思います。

もし、迷っているなら絶対にお勧めです。しかも水切れも早かったですよ。

ちなみにおでんを作ってみた感じ↓

おでん

おでんも、なんとなく、おしゃれ?

収納は入っていた箱にしまうのですが、二つ重ねてもおしゃれなのもいいですよね。

下が基本のホットプレートの箱。合わせて高さ25センチでした。

「見せる収納」にはピッタリです。ただし、基本のホットプレートの収納の箱みたいに「引き出し型」ではありません。

おかずが何にも思い浮かばない時は、とにかく冷蔵庫の中にあるものを放り込んで、おだしでぐつぐつしてしまえば、それなりにおしゃれなお鍋料理の完成です!!後片付けもラクチンだし、土鍋のように割れないのも、忙しい主婦にとっては魅力的。

おしゃれにスマートに手を抜いて、忙しい毎日を乗り切るためのご褒美になると思いませんか?

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください