2017/07/13

メルカリを使って断捨離をしてみた 断捨離①

 

家の中がごちゃごちゃ。探し物が見つからない。着たい服が見つからない。

戸棚を開けると、もう物を入れる隙間が無い。

あなたはそんな経験はありませんか!?

私はもちろんあります。ついでに言うと整理が出来ないので、同じ商品を2度買っちゃうなんてザラにありました。

そしてその都度、自己嫌悪におちいるのです。私ってダメな人間かも、、って。

でも、そんな私も、いらない物がお金になる事で急激に家の中の整理が出来るようになりました。

そう、あの有名なフリマアプリのおかげです。

スポンサーリンク

断捨離がお金になれば楽しい

断捨離ってよく耳にしますよね。自分にとって必要なものと、必要ないものとを区別し、生活をシンプルにしていきましょうというもの。

最近では「ときめく物」と「ときめかない物」に分ける方法が紹介されたりして、一度は経験したこともあるのでは!?

いかし、なかなか続きません。私が続かなかった理由、それは「捨てられなかったから」。

ちょっと前までは、スマホでのフリマが一般的では無かったし、友達にあげるのもかえって気を使います。

兄弟や近い親戚も近くにいなかったので、いらないけどまだ使えるものを整理する=捨てるのがどうしても出来なかったのですね。

 

フリマアプリが私を変えた

大げさ!?いえいえ。めっちゃ簡単に出品、売買ができるのがとても新鮮なんです。

オークションは仕事でヤフオクを使っていたので少しは慣れているのですが、その面倒くささや手間がかかることで個人的には気が進まなかったのです。

ヤフオクにはヤフオクの良いところも沢山有って、何より本格的でマニアの数や出品される物のジャンルや質が圧倒的です。

その反面、慣れるまでになかなか大変。最初の設定や、売買の決済も色々なので、自分で銀行の入金を確認しないといけない場合もあります。

取引中や売れた後も何度も相手の人とやり取りが必要な場合もありますし、お気軽ではありません。大体パソコンが必要ですしね。

どちらかと言うとヤフオクは本格的な美術品や高価な物が多く出品されています。

それに対してメルカリは、本当に日常品が多いのです。なので、もちろん簡単には比べることは出来ません。

でも、スマホで簡単に操作できるし(私はこれしか使ってないので、他のフリマアプリとは比較出来ないです。御免なさい)すごく敷居が低い
慣れれば出品に一分かかりません!!

なので、「あ、これ売れるかも!」と思ったその場で写メして、説明文書いて出品出来ちゃう。とってもお気軽に売買出来ちゃう。

だから、ちゅうちょしないで、どんどん写真撮って出品して、、、本当に家の中がスッキリしたのですよ。

メルカリがお手軽な理由

出品する流れがそもそも簡単。

その画面内で写真を撮る⇒商品説明文を書く⇒希望価格を書く⇒出品。ハイ、簡単。

早ければ数分で売れちゃうし、もしかして小学生じゃない??って人も平気で売買している(まあ、親も見ているのだろうと思うけど)。

しかも、これって売り物??という位、くしゃくしゃな服とかが300円くらいで出品されていて実際買っちゃう人もいるのです。

お手軽なのはいろいろ理由があります。

○手取り足取りな事務局。

品物が売れたら事務局より「売れましたよ~品物送ってね~」(もっとちゃんとした文章だけど)連絡がメールで来る。

「品物送ってね~~」の時点でお金は事務局に払われているので入金確認はこちらはしないで良し!便利。

落札して、後払いを選んでいた場合も、その都度連絡がくる(ヤフオクの場合は、出品者が自分で銀行などで確認しないといけない)

返品とかのトラブルが無ければ当人同士での金銭的なやり取りが極端に少ないところが非常に使いやすい。

○出品者と買いたい人のやり取りが超簡単。

売買の画面で、まるでLINEでの会話のようにやり取りが出来るので、やり取りの履歴が確認しやすいし、ほかの人との交渉がわかりやすい。

売買が成立された後の会話は当人同士しか確認出来ないのも良し!

基本的にアプリ上での会話のやり取りだけなので(かなり時間がかかる場合もあるけど)とてもやり取りがシンプルです。

1つの画面を見れば過去のやり取りが分かるというのはかなりストレスが少ないです。(ヤフオクは連絡方法が1つじゃないので、メール見たり管理画面見たり電話したり、トラブルがあったとき忙しい)

○売上金がアプリ内でたまる

売上金は銀行などに直接振り込まれるのではなく、アプリ内にチャージされるので申請するまでプールされます。(申請すれば、希望の銀行に振り込んでくれます。)

で!!そのチャージされたお金で買い物もできちゃう。感覚としては楽天ポイントを使う感じかな。

もちろん、買う際にお金が足りなければ、コンビニやクレジットでお支払し出来ます。

が、貯金のつもりで現金化しないという人も結構いるようですよ(運営会社がつぶれたらどうなるのかな)

○当事者同士のケンカが長引かない。

これはこれはこれはとってもいいこと。

オークションの方は多々、評価をめぐっての恐ろしいやり取りが延々続き、そのやり取りを関係ない人も見れちゃう。

メルカリだと取引に入った後のやり取りは当事者以外見えないし、評価のコメントも一回しか出来ないから、反論!!てなっても出来ない。

なので、プロフィールで、悪い評価がついた理由云々を説明する人も出てきます。

なんせ面白半分に悪い評価つけているひともいるみたいだから。

○発送も簡単

初めて売れた商品を送るのは1つの試練かもしれません。だって、こればっかりは誰も手伝ってくれませんから。

発送自体は、商品の大きさにもよります。

郵便扱いがいいのか、宅急便がいいのか、重さにもよりますし、これは様々です。

普通に荷物を送る感じなら圧倒的に簡単なのはヤマト便で扱っている「メルカリ便」です。

店頭で売れた商品のQRコードをかざすと相手の住所などが勝手に印刷されますし、送料も売り上げ金から差し引かれるのでお金のやり取りがありません。

商品が封筒に入る大きさなら普通郵便がお安いのですが、2~3冊の雑誌や薄手の洋服なら「クリックポスト」がお勧めです。

クリックポストは色々と決まり事があるし、カード決済やヤフーアカウントが必要など登録準備に少し手間がかかります。プリンターも必要ですしね。でも、一キロ以内で164円で日本国内どこでも送れるのは魅力的です。郵便窓口にではなく、ポストに投函できますし、しかも追跡番号もついているのですよ。

 

日本郵便クリックポストホームページより

クリックポストを活用するなら、こういう梱包があると便利です。

組み立てると、クリックポストの基準ギリギリの大きさになり、送る際にいちいち長さを測る手間が省けますし、形が崩れないので安心です。

発送の準備

もし、出品するものが多く、これからどんどん売っていこうと思うなら、商品を包んで送るための資材(プチプチや段ボールや丈夫な袋など)を用意しておく必要があります。

とにかく商品を傷つけないように、壊れないように包まないといけません。

自信が無いなら、何度かメルカリで実際に購入してみるのもいいかもしれません。その場合は出品者の評価を見て、評価が高く「梱包がしっかりとしていた」「丁寧な梱包でした」とコメントされている人の商品を選んだ方が勉強になると思います。

いくら敷居が低いオークションとはいえ、低い評価がつけられると品物が売れなくなる場合もありますし、実際トラブルになった時はかなり面倒なのです。(トラブルになった時はヤフオクもメルカリも変わりません。同じ人間相手なので)

まとめ

このような感じで、最初はちょろちょろと出品していたのですが、段々と面白くなり色々な物を出品してきましたよ。

中にはこんなの売れるの!?何ていうものがすぐ売れたり(洗濯板とか)、半年たっても売れないものもあります。

でも、確実に家の中はスッキリしましたし、いかに無駄が多かったのかが分かりました。

だって、200個近く売ってきたのですが、それらの物が無くても全然困らないですから。

一番のめり込んでいた時の成果はこちら⇒メルカリでの一か月売り上げ成果はこちら

断捨離が進まないのなら、こういうフリマアプリを使ってみるのもいいかもしれません。

スポンサーリンク

 

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です