掃除は一日10分!ダスキンLALAを使ってみよう

 

主婦にとっての時間は貴重。

こんにちは!maruです。

あなたはお掃除好きですか?

私は大っ嫌い!!って言うほどではありませんが、あんまり得意ではありません。

大体、自分ひとりならそんなに汚れないのに、家族が暮らしているとやっぱりママが掃除しないと始まらない。

個人個人では大分やってくれるようにはなったのだけど全体的にはママの仕事なんですよね。

しかも働いていると「掃除」に時間をなかなかかけられないのも事実です。

だから、なるべく楽に、簡単に、短時間で掃除を終わらせたら、最高!!

スポンサーリンク

最近の調査では、一回の掃除にかける時間を約45%の人が平均で30分と答えています。

次に約20%の人が平均15分。その次に多いのが1時間で15%なんですよね。

この統計は主婦に向けての調査で、掃除の頻度は週に4回ほどの掃除としています。

意外と掃除に時間をかけている

ちょっと!!待って。一日30分もみんな掃除しているの??

週4回とはいえ30分もかけているのにびっくり。しかも15%の人は1時間もかけているとは。

本当に人それぞれ家庭環境もそれぞれですが、みなさん掃除に思ったより時間をかけているのですね。

私の場合は、仕事から疲れて帰ってくるとすぐに晩御飯の用意だし、夕食後は後かたずけや洗濯物を畳んだりお風呂に入ったり子供の勉強を見たり、何だかんだ「ママ、ママ、」って呼び出されるし何日遅れの学校のプリントを見なきゃだし、、見たいテレビもあるし、、。

とにかく、夜はドラマを見る時間はあっても、掃除をしている暇はないのです。

家族もリラックスしたいだろうし(私も!)、第一に人が多いと掃除のジャマだしね。

なので、朝のバタバタの後、仕事に出かける間にちゃっとかたずけているのです。

あ、もちろん用事のない土日はちょっぴり普段出来ないとこもやりますよ、ちょっぴりね。

朝の掃除は10分で終わらせる

ものぐさで面倒くさがりのわたしは、「はい、掃除を頑張るぞ!!」と思わないようにしています。

毎日「しなければ」と義務感が強くなるとしんどくて、掃除をサボってしまったとき自己嫌悪に陥ってしまうからです。

子供には偉そうに「決められたことはちゃんとやりなさい!!」って言っているのに。

だから、何とか掃除が楽に出来ないかなあ、短時間で終わらないかなあ。と色々合理的な方法とか探していたのですね。

そんな時にダスキンのCMを見ていてついつい申し込んでしまいました。ダスキンのCMって、気になりますよね。

何だか簡単そう、、掃除が好きになれそう、、まあ、お試しだけ、、、と。

結局、これが大正解。本当に毎日10分でお掃除が終わるようになったのです。

実は数年前にも使っていたのですが、使いきれなくて結局やめたことがあります。

だから見つけた、と言うより、使いづらかったところが、かなり改善されていたので又使い始めたというのが正解です。

以前よりもかなり使いやすくなった

ダスキンのシステムは、「モップのレンタル」です。一か月に一度、汚れたモップを取り換えに来てくれます。その時にモップのレンタル料金を払うのです。

何といってもダスキンのモップのいいところは、さっとなでるように拭くだけで細かいほこりや髪の毛などが一度に掃除出来るところ。

アレルギーを誘発するダニの死がいや花粉も、ホコリを舞いあげずにしっかりと吸着します。

最近の強力な掃除機も良いけれど、もちろん邪魔なコードも無く、「ほこり!!」って思いつい時にサッと拭けるのがとてもいいところです。

こういう冷蔵庫の隙間にも簡単に入る

しかも、フローリングの細い溝の中もスッキリします。棚や小さな飾りなども傷つけず隙間に入っていくので掃除が「めんどう」な人には特にお勧めします。

申し込むと来るもの。掃除機、LALA、SHUSHU

3点セット

こういう3点がセットになっています

以前はフロアーモップとハンディーモップが別々の申し込みになっていましたが、今は二つセットになっています。しかも掃除機が無料でレンタル出来る!!

このセットが「おそうじベーシック3」というセットなのです。ハウスダストにレンタルモップ!お試し実施中

  • LALA・・フロアモップ  レンタル中は柄もついてきます
  • SHUSHU・・ハンディーモップ  レンタル中は柄もついてきます
  • 専用掃除機・・今回の私の一押し!! レンタル中ずっと借りれます

毎月の交換はモップのみ

昔も確かに便利は便利でした。気になったホコリも簡単に払えるし、モップ交換が近づいて来たら罪悪感無く、玄関丸ごとモップをかけてスッキリ出来るし。でもね、ちょっと大きくて使いづらかったのです。何となく「気軽」に使える感じでは無かったのです。

以下は変更して使いやすくなったところ。

まずはモップの大きさ。

以前使っていた写真は無いのですが、モップ自体が大きな楕円形のかなり重いものでした。今でもその形はレンタル出来るようです。しかし、今回気に入ったのこのLALAは私個人の感じとしては、1/3位の大きさ、重さになった様な気がします。柄も以前よりも軽くなった気がします。

ダスキンフロアーモップ

ダスキンフロアーモップLALA 横は約40㎝

フロアモップの柄を最大120近くまで伸ばせる

モップは2種類。フロアー用(LALA)と、棚などのホコリをぬぐえるハンディー(SHUSHU)。

どちらも強く力を入れずにスッキリとホコリをふき取ってくれます。

shushuはモップ自体は20センチ位

伸縮出来る柄を伸ばせば50センチにもなる

モップと柄の取り付けが簡単になった。

モップ自体が小さくスリムになったのもあるけど、以前の取り付けより簡単で手軽になりました(私の個人的意見です)

柄からモップを外したところ

黒いボタンを押して折りたたむ

折りたたんだところにモップをさす

左右の空間に丁度差す穴がある

全部さしたら、、

シャキーん!と元の位置へ!完成

ハンディーモップは、何にも難しくはなく、ただ「差す」のみ。簡単。

収納がおしゃれになった。

この収納。以前はどこにしまっていたのか。たぶん、何処に仕舞おうか困っていたので以前は無かったはず。

この収納があると無いでは大違いです。とっても便利で使いたいときにさっと取り出せるのが素敵!

モップの収納。コンパクトでさっと使える

ハンディは引っ掛ける事も可能

とっても便利!!掃除機付き。

この掃除機が一押し。私が再びダスキンを使い始めた大きな理由です。

普通にモップをかけるまではいいのです。本当にラクチン。だけど、だけど、その集まったゴミやほこりをわざわざ掃除機で吸い取るのが面倒でした。

掃除機出す位なら、最初から掃除機でいいじゃん!!

まあ、単に掃除機を出すのが面倒だという話なのです。かといって掃除機出しっぱなしはイヤなんだよね。なんとなく。

しかし、このダスキンの掃除機。カタチがいい!特におしゃれという訳ではありませんが、とにかく部屋に置いていてもそんなに掃除機感、違和感が無い。

それでも、とりあえず居間には置きたくはないのでウチは廊下のすみへ。

見たまんまコンパクト

上から見ると後ろが90度

この、後ろが直角という所がポイント。丁度隅っこに置けるのがいい。

そして下ついている吸引口にモップで集めてきたホコリを吸わせるのです。

下からホコリを吸う

素敵。特に廊下に置いているから、家じゅうから集めてきたホコリをここで一気に吸い取る事が出来ます。

ハンディモップなどは上についているノズルでホコリをからめとります。

上のノズルを伸ばす

でっぱりでからめとる

このノズルのおかげでモップはいつも綺麗なのです。

便利な紙パック

この掃除機、紙パックを使用します。写真ではアップなので大きく見えますが、実際はかなりコンパクト。

一般の掃除機の紙パックの半分以下です。

紙パック自体は小さいのですが(下にも書きましたが)畳やじゅうたんが使えないのと、大きなゴミは手でゴミ箱に入れるのもあって、すぐにはパンパンになりません。紙パックが無くなったら、別売りの紙パックを取り付けます。

ダスキンモップの残念な点

これは今回のLALAやSHUSHUや他のモップ全体に言える事ですし、しょうがない事なのですが、畳みやじゅうたんには使えません。

当たり前ですけどね。じゅうたんは毛が絡まるし、これは掃除機じゃないとどうしようもないです。

畳は、モップを交換したばかりの時には使っても良いらしいのですが、お昼寝とかで直接寝たりする場合、やっぱり化学物質が残っているような気がして使っていません。

フローリングも子供が小さい時は使っていませんでした。しかし、さすがにキチンと配慮はされているようです。

ダスキンモップに加工されている吸着剤の安全性について

弊社の商品は、安全性を最優先に研究・開発しております。原料の選択や商品の開発において、決められたルール、マニュアルに基づいた安全性評価を実施し、合格したものだけをお客様にお届けしています。また、より信頼性を高めるために、第三者機関に試験を依頼して、薬剤が口や目に入った場合や、皮膚に付着した場合の安全性についても確認しております。

ダスキンのホームページより

ウチの場合は、原因が特定できないアレルギーや喘息があったため念のため使いませんでした。

でも、症状によっては「キチンと」ほこりが取れるダスキンなどを使った方が、ハウスダストが溜まりにくくて良いという意見もあります。

試験報告書

  • 人体への安全性を確認する実験内容
  • 1 一度に大量の吸着剤を飲み込んだ時の安全性(急性経口毒性)
  • 2 吸着剤が皮膚に付着した時の安全性(皮膚一次刺激性)
  • 3 吸着剤が眼に入った時の安全性(眼粘膜刺激性)
試験報告書
ダスキンのホームページより

不満な点もこの位かしら。じゅうたんや畳が出来ないと言うのは、別に掃除機を出さなきゃいけないということ。

これはしょうがないですね。だから、じゅうたんや畳は、、毎日はやってません、、、、掃除。

レンタル代金は?

料金は、フロアモップ、ハンディモップ、レンタル掃除機を合わせて4週間で1890円。

これを安いと取るか、高いと取るか。私は安い!と思います。

バタバタする朝、仕事に向かうまでのちょっとした時間。

とりあえずフロアモップで家じゅうの床を拭いていきます。2階から、階段を通って1階へ。

1階の廊下にある掃除機まで、ホコリを逃さない様に気を付けて拭いていきます。

そして一気に掃除機で吸い取る。これだけで10分もかからないのです。

全然苦にならないし、どっちかというと楽しい!!

ハンディの方は、掃除と考えないで、ホコリだ!と気が付いたときにしゅしゅっと拭く位です。

これを毎日掃除機でやろうとすると結構な重労働になります。2階から1階へ掃除機の移動だけでも大変ですよね。

なので腰が悪い人にもお勧めです、何といってもコードが無くとっても軽いのですから。

自分に合っているか不安な人には4週間のお試しもあります。これは600円なので、思いっきり試してみる事が出来ます。

  • 使い捨てではなく、毎月きれいなモップに取り換えてもらえる。
  • 掃除が重労働ではなくなる。
  • 掃除機が無料でレンタル出来る。
  • 掃除の時間が極端に短くなる。

うちでは子供たちも自分の部屋を掃除するとき、掃除機を使うのは面倒くさがりますが、モップなら気軽にやってくれます。

是非、便利な道具を使って自分の時間を確保してみてくださいね。


スポンサーリンク

 

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です