2017/02/12

老化の原因と予防④~若返りホルモンDHEA

 
健康

老化、アンチエイジングと聞くとお肌の調子をどうにかしたい!うるおいが無くなっちゃう!

なんて外見ばかりが気になってしまいます。

しかし、本当に怖いのは身体の中からの老化です。

身体の「老化」に気が付かずにいると、糖尿病や心臓病、がん、など命を縮める病気になる可能性が高くなるのです。

若返りホルモンで、出来るだけ老いを食い止めましょう。
スポンサーリンク

若返りホルモンとは

身体の中には色々なホルモンがあります。

その中でも「DHEA」デヒドロエピアンドロステロンというホルモンは

若返りホルモン」としてアメリカでは大ブームになっているそうです。

 

DHEAホルモンって何

DHEAは、男性ホルモン「テストステロン」や女性ホルモン「エストラジオール」の材料になります。

  • テストステロンは、骨や筋肉の形成を増殖させたり精子形成を促進するホルモンです。女性にもあります。
  • エストラジオールは、子宮の発育肥大に関わるホルモンです。

男性ホルモンは筋肉や筋力の維持に関わっているので「活動する力」を作っているといえますね。

また、免疫力や筋力、行動力など多くの機能を維持する働きを持っています。

しかし、分泌量が10代半ばで急激に増えて20代で減少してくるのです。

40歳ではピーク時の半分、80代ではほとんど分泌されません

 

DHEAが減少することは老いること

若い時には分泌量が多く、40代で半分ということは

DHEAが身体で作られなくなり、男性ホルモンや女性ホルモンが減少するから「老いる」といえるのです。

DHEAの血液中の濃度が下がると出てくる症状として

  • 筋力や筋肉量が低下する
  • 免疫力が下がる
  • 意識、やる気が低下する

があります。

筋肉量の低下は身体の「酸化」につながるので相乗効果で一層老けやすくなります。

 

DHEAはストレスで減少する

強いストレスを受けたとき、人の身体はストレスホルモン(コルチゾール)を分泌させます。

このストレスホルモンは、強いストレスから心と体を守る働きがあるのですが、

ほかの部分では色々な悪い影響も与えます。

なんとDHEAの分泌を減少させてしまうのですね。

DHEAが減少すると結果的に男性ホルモンも減少します。

すると筋力がおとろえて筋肉がやせ、お腹まわりの脂肪がついていきます

これが中年太り」なのですね。

結局、ストレスと中年太りは関係があるのです。

 

最近の研究では、脂肪細胞の「幹細胞」が筋肉になるか、脂肪になるかを決定するのが

男性ホルモンの「テストステロン」ではないかとされています。

 

ストレスをためない4つの習慣

ゆったりとした運動が効果的

軽い運動を続けましょう

ストレスをためないことが「老化」を遅くするのです。

  1. 夜11じまでには寝る
  2. 寝る前にアルコールや糖質を取らない
  3. 軽い運動をする
  4. DHEAの減少を防ぐ

結局、「酸化」「糖化」を防ぐことに重なってきますね。

どれも、今日から実行できそうですが、DHEAはどうやって増やすのでしょう。

4のDHEAは身体の中の副腎で作られています。

なので、副腎に有効な栄養を取る事が大事です。

  • ビタミンC   :レモンなどの柑橘類、ブロッコリー、コマツナなど
  • たんぱく質   :魚、肉、卵、大豆など
  • マグネシウム  :玄米、大豆、ごまなど
  • ビタミンB   :ホウレンソウ、大豆、にんにくなど

 

アラフォーからの老化をくいとめる まとめ

4回に分けて、老化についてみてきました。

アンチエイジング

身体のさびを取る

太らない身体をつくる

こうして考えてみると、すべてが少しずつ影響しあっているし、すべての対策がほぼ重なっています。

いつまでも若々しいということは、

  • 身体に良いものを食べ
  • 良い睡眠をとり
  • ストレスをためず
  • 適度な運動をする

こういう習慣を続けることなのですね。

お肌の調子だけではなく、身体の老化に対してもっと注意をしましょう。

直接、命に関わるかもしれないのですから。

そうすれば、結果的にお肌も若返ることになりそうですね。

 

自分で運動が続かない人にお勧めです


よろしければポチっとお願いします
にほんブログ村 健康ブログ 心と体へ
にほんブログ村
 

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です