2017/10/31

グリコ「こめの香」でグルテンフリーのパン(手ごね)を焼いてみた

 

こんにちは!maruです!

今回は待望の完全グルテンフリーのパンを作ってみました。

グルテンフリーのパンの材料で有名な、こめの香 米粉パン用ミックス粉グルテンフリー 900g 2袋を使用しました。

注文はなぜか「900g×2袋」単位ばかりだったので不思議でしたが品物が届いたら謎が判明しました。

こめの香専用の箱

こめの香専用の箱で来るのです。

米粉パン用ミックス 1800g(900g×2)

これが二つ入っています

こんな感じで、ひと箱に2袋セットになっているのですね。

グリコの米粉シリーズはパナソニックのホームベーカリー推奨となっています。

だからなのか、手ごね&オーブン使用のレシピは1つしか見つけることが出来ませんでした。
スポンサーリンク

HBを使用しないグルテンフリーの米粉パンを作ってみる

ちなみにHBとはホームベーカリーの略です。

クックパッドの中にグリコの公式レシピがありましたので参考にさせていただきました。

材料

  • こめの香(米粉パン用ミックス粉 グルテンフリー)300g
  • 砂糖 18g
  • 食塩 4.8g
  • ドライイースト  4.4g
  • 食用油(バター) 30g
  • 水(ぬるま湯)  288ml

しかし、グリコ様、たぶん研究所のようなところで「この配合がベストね!」と相当試作を重ねていたのでしょうが、普通の家庭で食塩4.4gって計れるお家ってあまりないような気がします、、、

実際、ウチのはかりは小数点以下は計れませんので、まあ、適当で。

グリコ「こめの香」公式レシピでの工程

  1. 材料をすべてボールに入れて混ぜる。
  2. ダマがなくなりなめらかになったら型に入れる。
  3. ヘラで表面をきれいにする。
  4. アルミホイルでふたをして40分発酵させる。
  5. ふたをしたままオーブンにいれ200℃~220℃で40分焼く。

すごく簡単で、逆にびっくりしました。

材料をただ、混ぜて、1回だけ発酵させます。

普通のパン作りなら、グルテンの力を引き出すため、結構な力で伸ばしたり叩いたり、発酵を2回繰り返したりと大変です。

しかし、この米粉で作るパンは、材料をすべて混ぜ合わせ、型に入れるだけなのです。

材料を混ぜ合わせて型にいれただけ!簡単!

ただ、生地はグルテンフリーということもあり、粘りが無くてベタベタ手にくっ付く感じです。

生地が伸びないので、一度くっ付くと、なかなか取るのが難しいです。

最初から最後までゴムベラで混ぜて、型に入れたほうがいいですね。

こんな感じでねちょねちょします

材料を型に入れたら、全体をアルミホイルでふたをして40分発酵します。

オーブンの発酵機能を使うか、35℃位の室温にただ置いておけば大丈夫。

ちなみに今回は焼きの時間の短縮を狙って、ドーナッツ型の容器で作っています。

普通は、ケーキ型や四角い型で大丈夫です。

干しぶどうを埋め込んでみました

発酵後は多少ふっくらしますが、やはりグルテン入りよりもふくらみは小さいですね。

小麦粉なら2倍以上に膨らむので。

発酵後、すぐにオーブンを200℃~220℃に温めます。

発酵中から予熱したほうが後の工程がスムーズにいきますが、オーブンの性能によって予熱終了が早すぎてもあせってしまいます。

オーブンの予熱中に干しブドウとオレンジピールを埋めてみました

生地がねっとりしていて表面がぼこぼこに!

フォークで表面をきれいにしようとしましたが、ねっとりしているので表面がキレイになりません。

ここで、アルミホイルをかぶせてオーブンで40分焼きます。

↓これがオーブンに入れて30分焼いたあとです。

(本当のレシピだと40分ですが、私が勝手に30分で出してしまいました。)

焼き上がりはふっくらと

ふっくらとした白い米粉パンが出来上がりました。

もう少し焦げ目がつく位に焼いても良かったです。

早速米粉パンを食べてみる

少し冷めるのを待ってから↓切り分けてみました。

蒸しパンのよう

見た目もですが、味も、触感も「蒸しパン」でした。

蒸しパンなんだけど、そう、「かるかん」が一番近いかしら。

そういえば「かるかん」も米粉で出来ていますよね。

しかし、蒸しパンの様な軽さではなくて、ちょっと重くてしっとりしています。

たぶん、これは私の焼き方が甘かったからだと思います。

型がドーナッツ型だったので、火の通りは早いだろうと30分しか焼かなかったのが原因でしょう。

でも、このもっちり感が好きな人もいるかもしれません。

好みもあるかもしれませんが、はやり基本の40分オーブンで焼いた方がパンの代用としてはいいかもしれません。

グルテンフリーパンを作ってみた感想

実は、上のレシピ通りに作る前に1/3の材料で試作してみたのですが、形がうまくまとまらず、こんな悲惨な感じになりました。

形は悪いけど、子供達は良く食べました

こちらの方は子供達がおやつ代わりによく食べてくれました。

ジャムやクリームをつけるととても食べやすくなります。

また、クックパッドの「つくれぽ」という、実際にレシピを作った方の投稿を見ると、

こんがり焼き色がついていておいしそうでした。

やっぱりこげめ、というか、カリっとした触感は大事なんだと思います。

次に作る時はもう少し長めに焼いて焦げ目をつけてみようと思いました。

ただ、材料を混ぜて焼くだけ、こねることも一切ないので本当にお手軽です。

小麦粉アレルギーなどで実際に困っている方にとって、

手軽にパンを食べれる、最良のレシピでは無いでしょうか。

ホームベーカリーで作るとまた違った感じだと思います。

ただ、ウチの子供はいつものパンがいいと言うので、

この米粉100%の粉にグルテンを20パーセント足したパンでいこうかなと思っています。

やはり米粉100パーセントでは、子供達の大好きな丸い菓子パンは難しいのですよ。

確かにグルテンフリーは良いこともいっぱいあるけれど、

あまり極端に実行するとかえって続かないのです。

何よりも、続けるとこが一番大事なのですから。

関連記事

グルテンフリーは簡単か

米粉パン(グルテン入り)を作ってみた・失敗編

米粉パン(グルテン入り・片山製粉)を作ってみた・成功編

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です