2017/10/27

グルテンフリーは簡単か

 

少し前から、グルテンフリーが流行っていますね。

テニスプレイヤーのジョコビッチが「完全に小麦粉を食べるのをやめてから体調が良くなった」事実が、世界的なブームを巻き起こしました。

私も、子供たちがダラダラしているのは、もしかして小麦粉のせいかも!?

なんて少しは考えていたのですが、パン作りにハマったばかりだったので見てみぬふりをしていました。

ですが、自己流ですがパン作りに慣れてきたので、ちょっと米粉のパンでも作ろうかな、という気に。

今回は、米粉のパンに挑戦するため、グルテンフリーについて調べてみました。

スポンサーリンク

そもそもグルテンフリーって何でしょう

小麦粉アレルギーを起こす原因は、グルテンが原因だと言われています。

グルテンは小麦などに含まれるたんぱく質のことで、小麦粉に水分を加えて練ると粘土のように伸びてきますよね、あれです。

特にパンに使われる強力粉はグルテンが強く、最近はやりのふわふわなパンにはたくさん含まれているみたい。

日本でも食事が欧米化になっていますが、小麦粉アレルギーで身体が受け付け無い人がいるのです。

小麦粉のグルテンが原因とされる症状

  • 気分のむらやイライラ、集中力の低下
  • 慢性疲労 けだるさ
  • めまい、バランス感覚の異常
  • 鼻づまり
  • 極端な体重の減少、あるいは体重増加

体重の減少ならいいなあ~~なんて感想はともかく、ほとんど「気のせい」とか「原因不明」とかで処理されてしまう症状ばかりです。

小麦粉を食べた瞬間、吐いちゃう、とかアレルギーが出る、なんて明確な反応が出れば分かりやすいのですが、イライラが小麦粉のせいだったなんて誰も考えませんよね。

鼻づまりだって、食べ物が原因なんて普通のお医者さんなら診断は難しいかもしれません。

そもそも、グルテンとはなんでしょう

ふわふわのパンに多く含まれるというグルテン。

パンは、イースト菌の発酵で出るガスでふくらみますが、グルテンは良く伸びる風船のゴムの役割をしています。

つまり、いくらイースト菌が発酵しようが、生地(グルテン)が伸びないとフワフワのパンにならないのですね。

だから人気の、フワフワパンには多く含まれているといえるのです。

このグルテンに体が拒否反応(アレルギー)を示す人は意外に多いのですが、上に書いたように「何となくだるい」症状の人だと、なかなか気が付くことはありません。

口に入れた途端、拒否反応が出る人もますが、身体の中に入って時間がたってから症状が出る場合も多いのです。

これは、腸の表面にグルテンがベトベトと引っ付いて、本来の腸の役目を果たせないことが原因と言われています。

学者さんによっては、脳にまで影響を及ぼすと言い切る人もいるほどなんです。

また、グルテンには食欲を増進させる物質や、血糖値をあげる作用、そしてグルテン依存症により太る人もいるのですね。

しかもこのグルテン、依存性があり、「あああ~~幸せ~~」という恍惚感を生むのです。確かに!!

しかし、、、グルテンフリーのパンって~~あまり売ってないし、高そうですよね。

米粉のパンを手作りしたい

いざ、米粉のパンを作ろうと思ったのは良いのですが、米粉って高いですね。

今まで使っていいた強力粉(一等粉)は近所の最安で750ℊ129円だったのですね、

製菓材料店の専用の粉でも1kg400円位です。

今回、私が買ったのは近所の製菓材料店で1kg800円でした。(あとでネットで調べたらもっとお安かったですが)

一回に使う100gあたり79.9円!今まで使っていた強力粉の4.5倍だけど。

まあ冷静に考えれば、グルテンフリーパンの完成品を買うよりは安い。そもそも近所に完成品が売ってない。

普通の菓子パン買うより安いし、まあいいかなと購入したのがこちらです。
img_4150
img_4151

とにかく「パン用米粉ミックス」だけを見て購入したのですが、良く見るとはいっていますよ、グルテンが!!

やはり、上にも書きましたが、グルテンが入っていないと結局パンは膨らまないのです。

グルテンの代用品もいくつかあるようですが、まだ一般的ではありません。

今回の、小麦グルテンに関しては、米粉パン初心者の挑戦するスタートラインとして、良しとしました。(買っちゃたし)

ただ、ほとんどは米粉なので、全体の量としてのグルテンは少ないようです。

作ってみた記事も参照にしてくださいね。

片山製粉の米粉でパンを作ってみた

完全米粉100%でパンを作ってみた

まとめ

グルテンフリーが果たして簡単か。

いま少しブームになっているし、食物アレルギーの方も多いので代用食品は沢山あります。

パスタ風やうどん風の米粉の麺もありました。

小麦粉の代わりにマロン粉を使うレシピもあります。

グルテンフリー!栗粉を使ってケーキを作ってみた

米粉もまだ一般的ではなく安売りはしてないので、毎日代替品を使うのはお値段だけでも厳しいかもしれません。

ただ、小麦粉アレルギーの方は食べれる形態が増えて食事の幅も広がったのではないでしょうか。

これからどんどんグルテンフリーの食材も増えてきそうですし、そうなるとお値段もお買い得品が出てくるかも。

こうして調べてみるとあらゆるものに小麦粉は使われています

目に見えるほどのアレルギーでなければ、避けれるときは避け、外食など避けれない時は注意しながら食す。

そうしないといらないストレスが溜まってしまいそうです。

ところで、チョコフレークに小麦粉が使われていませんでした。ばんざーいい!!!

出来ることはやって、出来ないことはやらない。

ママがストレスを溜めると本末転倒なので、気楽に続けられることからやりましょう。

スポンサーリンク
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.