2018/01/30

すぐ思い出しちゃう!嫌な事を忘れる【方法】

 

こんにちは!maruです。

忙しい毎日を頑張っていると、大きな失敗をしたり、イヤな人や最悪な事に出会うのはどうしようもない事ですよね。

たとえ自分は悪くなくても、常識が通じなかったり、立場的に事情を説明できない事もいっぱいあります。

しかも腹が立つことに、その事が忘れられず、ぐるぐる思い出してはモンモンと過ごし、自己嫌悪になることも多々あります、、、

そんなイヤな事をエンドレスにくりかしてしまうのは、心にも身体にも良くありません。

実は、そんな嫌な事を忘れられる、とっておきの方法をみつけましたよ。

いやな事を忘れるとっておきの方法

考え方を変えると、今までと違った感じ方や行動が出来るようになります。

嫌な事ばっかり考えちゃう弱い自分とサヨナラしたいなら、考え方をちょっと変えてみましょう。

例えば、セラピストが、悩んでいる患者さんに対して行う頭の切り替え方法はこれです。

「認知行動療法」、、、何だか難しそう!?

 

簡単な「認知行動療法」で嫌な事を考えない頭に

これって、イヤな考えを無理に違うことを考えたりして切り替えようとするワケではなくて、考え方自体を切り替えてみよう、ということ。

これは、頭で理性的に考えるよりも、実際にやってみた方が効果があります。

 

1. 前向きな言葉を唱えてみる

え、うさんくさい、、、かもしれません、が、やってみてください。

ばかばかしいと思うこと自体、あなたの心ネガティブになっているのかも。

例えば、発注の数字を間違えたとしますね。

「どうして間違えちゃったのか」をまず考えます。ちゃんと原因を考えるのね。

忙しかったから。しんどくて頭が回らなかったから。単なるタイピングミス、、、などあるでしょう。

では、「忙しかったから」の場合。

「あんなに忙しかったのに、発注書まで作って送って偉かった、頑張った!」とほめてみる

結果、間違っちゃったけど、「だから今度は大丈夫」と唱えてみる

「どうして間違っちゃったの、、」と心の中で繰り返すのではなく、「忙しかったけど、間違えた、でもいい経験、次は失敗しない、はい、いい経験」と、前向きな考えにしていくのです。

このくらい無理じゃないですよね。何となく出来そうじゃないですか?

 

2. 何の得にもならない事を考えるなんて損!と思う

「私なんて、なんの取り柄なんてない」「誰にも必要とされていない」なんて、自分を否定する考えは誰でも一回は思ったことあるはずです。

こんなこと考えても、どうにもならないのにね!

しかも、こんな嫌な考えを繰り返していると「思考は現実化する」のですよ、本当に。

世の中の成功している人達って、自分を信じて信じて信じた人達なのですね。

今年の大河の主人公を演じる鈴木亮平だって、若いころはオーディションを100回も落ちていたそうです。

私だったら、絶対立ち直れないだろうし、自分を否定されているみたいでオーディションを続けて受ける勇気が続きません。

日常でも、就職活動やお見合いをして、2~30回ダメだったら落ち込んであきらめますよね。

でも、彼は自分は出来ると信じて、あきらめなかった。

だから「私なんて、、」と考えるよりは、「私にだって取り柄はある、分かってくれない人が多いだけ」「努力って、絶対報われるんだから!!」なんて前向きに考えた方が、心にもいいし、第一表情にも表れてくるのです。

自信が無い人は陰気に見えますし、自信のある人はさらに輝いて見えるもの。

自己暗示だろうが、自己開示だろうが、何でもいいのです。

自分を明るくさせる言葉をいつも口にしたり考えたりしていると、チャンスは寄ってきやすくなるのですね。

 

3. 脳は間違っているんだ!!

人間の脳っていつも正しいわけじゃないって知っていましたか!?

私はこの事を聞いたとき、本当にびっくりしました。

脳って実はだますことが出来るんです

例えば、毎朝6時に起きようと決心したとします。

でも、次の瞬間「でも、無理かもしれない、、今まで出来なかったんだから、、」

なんて考えがちですよね。

そこで、すかさず「でも、私は出来る!!」と自分に言い聞かせてみてください。

脳が、否定的な言葉を探すより早く「絶対できるから、やってやるから!」と言ってみる。

ネガティブな思考になりそうになったら、これを繰り返す。

なんとこれで、脳が「出来るんじゃないかな~~」と錯覚するようになるんですって!!

これって、子供をほめて育てる事とまるで一緒。子供も大人も否定的な言葉では成長しないのですよ。

奥さん!!お得な情報ですよ!!

 

考え方を変える事で、脳を鍛える

スポーツジムに行って、トレーニングするたびに少しずつ筋肉が付くように、心(脳)にも考え方の筋肉をつけましょう。

しかし、単純に「ポジティブシンキングにしましょう!!」と言われても、中々出来っこ無いもの。

でも、こうやって少しずつ自分の感じたことを、自分を奮い立たせる言葉に変え、自分を応援していくだけで、違う考え方が出来るようになるのですね。

たとえ、自分の事が嫌で大っ嫌いな人も、少し考え方を変えてみてください。

そんなに自分って悪い人間じゃないでしょう!?

思ったよりも、ちょっとは魅力のある人間なんですよ。

今まではあなたの良さが分かりにくかったかもしれないけれど、ちょっとずつ前向きに考えて生きていくのは案外簡単なのかもしれませんよ。

忙しい毎日の中で、悪い事を繰り返して考えるのは時間の無駄、人生の無駄。

私自身も、「私は人生を楽しんで死にたい!!」と考えるようになって、ずいぶん色んな素敵な出来事に出会う事が出来ました。

きっとあなたもそうですよ。

参考:Forbes Amy Morin「脳を書き換える3つの思考法」

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください