2017/02/19

お受験の目標って何だろう、目的が無いと頑張れない。

 
サクラサク

こんにちは!maruです。お受験のシーズンですね!

子供の「お受験」が済んだ人、まだまだこれからの人。

子供はちゃんと「お受験」の主人公だったかな。

自分の夢や目的が無いと「何のために」勉強しているのか、自分のため?親のため?という疑問がわき出て、なかなか成績も上がりません。

ただただ「怒られる」から勉強するのは辛いことだし、成果が出にくいのです。

志望校や将来について、子供はちゃんと分かっていますか?
スポンサーリンク

医者の子供は医者って、目標があるからね

たまたま、子供の同級生にお医者さんの子供が何人かいますが、まず将来の夢はお医者さんです。

そして、だいたいの子が成績も優秀でいわゆる「いい子」が多いですね。

「言ってもさ~~血だよね~~庶民がいくらがんばってもさ~~」

「やっぱりさ~~お金がかけれるしさ」

「ママが、つきっきりで見てあげれる環境だから」

なんてグチグチ言うことも出来るのだけど(いくらでも出てくるっ怖いっ)その子たちの一番の特徴は「夢」があるってことなんですよ。

  • 夢」「目標」⇒パパ、またはママみたいなお医者さんになる
  • なんで?⇒患者さんに感謝されているのを見てる。尊敬されているのを見てる。お金がもうかるのを見てる。

実際に身近に親を見て、感謝・尊敬されているのを見ている。

お医者さんになる」って夢がとっても現実的だしモチベーションが続くのですね。

確かに小さい時からレールをひかれ、お医者さん以外の夢を持った場合はしんどい場合があります。

でも、周りからの期待と自分のなりたい目標がガッチリあっていれば目標に狂いはないですよね。

 

目標がきまったら突き進む

お医者さんだけじゃなくて、何となく親戚一同が学校の先生とか、弁護士さんとか、会社を経営してるなんていう一家があります。

身近に分かりやすい目標とか憧れになるものがあると「自分もなれるんだ」て簡単に思えますよね。

逆に親が「いい大学に行ったら、いい会社に入れるのよ」とか

「勉強が出来ないと将来苦労するぞ」なんて子供に言ったとしても想像も出来ないし、将来の夢になんか絶対になりません。

将来のためっていうふわっとした目的なんて、何のために勉強しなきゃいけないのかという答えにもなってないですよね。

 

例えば、私達だって「いい妻、いい母親になりなさい!!」って言われても「はあぁ??」としか言えません。

でも、○月○日に同窓会があるってなると、えっと、2か月あるから、それまでにダイエットして、美容院は早めに行って、服はどこで買おうかな、□日に駅の近くに用事があるからその時買って。。。なんて具体的な計画が次々浮かんできます

というか同級生に「わあ~~○○さん昔と全然変わらないね~~」といわれている私を想像してニンマリし、その場面をかなえるように少しでも努力できますよね。

命令されたわけじゃないのにね

子供だって一緒です。何か目標が無いと努力を続けるのはとても難しいのですね。

 

子供は何になりたいんだろう、ユーチューバーかい

私もよく子供が小さい時には「大きくなったら何になりたい?」て聞いてみては

「わからん~~」とか

「無い」とか言われてがっかりしていました。

でも、幼稚園の卒園文集とかアンケートに書かなきゃいけないし周りには「人を助ける仕事をしたい」(園児が!?)とかご立派なことを書いている友達もいる訳で、なんとか「むし屋さん」とかひねり出していた。

まあ、親としては「むし屋さん」、、まあ園児だしね、、、なんて思っていましたが、小学校6年生で「ユーチューバーになりたい」と書かれたときは「待て待て待て待てっ、ちょっと待て」とかなり慌ててしまいました。

親には世間体って物がある、君には無いだろうけど。いや、それより、現実を見ろ!!

でもね、子供の世界って本当に小さいのです。

視野が狭いどころか目の前の物しか見えてないのですね。

だから、ユーチューバーすげ~~、ユーチューバーの収入すげ~~で一気にヒーローだし憧れになっちゃいます。

 

志望校を決めるなら実際に行ってみよう

志望校

志望校に受かるといいね

なので、親が将来はこうなってほしい、この学校に入ってほしいと思うなら子供に具体的な目標になるように仕向けていくことになります。

パンフレットはもちろん、実際に学校へ一緒に行って「この学校へ通っている自分」を想像させます

その学校出身の有名人を調べて「自分にもなれるかも」と思えるようにします。

職業を目的にするなら「言い聞かせる」のではなくて、この職業になったらこんなことが出来るんだよ、この立派な建物を設計したのはこういう人だよ、学校の先生になって君みたいな算数の苦手な子に分かりやすく授業してあげたら?弱い人の味方になるなら弁護士なんていいよ、と具体的にアドバイスしてみましょう。

子供がやる気になればOKだし、ピンと来なくてもいいのですよ、その子にとってはまだなのです。今頑張るときじゃないのですね。

目標が決まれば「じゃあどうすればいいと思う?」と聞いて一緒に計画を立てましょう。

何にも目標や夢が無い場合よりもやる気が起こりますし、モチベーションが下がったときには夢を思い起こして又目標に向かうことが出来ます。

 

主人公は子供

あなたの人生の主人公はあなたですよね。

でも、子供の人生の主人公は子供自身なんですよね。

受験って、ついつい親がヒートアップしちゃうこともあるし、実際ピリピリするのだけど、親は子供の人生のわき役なんだって思うと少し息がつけます。

人の人生で親の影響なんて30%位と言われているし、今のわたしは、わたしが作ってきたわたしです。親が作り上げたわたしじゃない。

だから、夢や目標のアドバイスは出来て何となくのレールは引けたとしても、その上を走っていくのは子供だということを覚えておきましょうね

受験が失敗したとしても、親はどしっと構えて「人生は長い、こんなと位で夢や目標は崩れないんだよ」と教えてあげます。

本人が夢や目標に突き進んでいる限りは応援してあげましょう。

目標がぶれてきたときは一緒に考えて修正したり新しい目標を見つけましょう。

か・り・に、高校生になってもまだ将来ユーチューバーになりたいって言っていたら私は自分を抑えることが出来るでしょうか。

こうご期待!!



よろしければポチっとお願いします
にほんブログ村 健康ブログ 心と体へ
にほんブログ村

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です