2017/10/17

公文式のNEWスタディ将棋で子供の脳を鍛える

 

こんにちは!maruです。

最近、若い将棋のスターが何人も出てきて、可愛いお爺さんや株主さんまで、

ちょっとした将棋のブームになっていますよね。

実際、子供をもつ親としても、スマホやDSで遊ぶよりは将棋にハマってくれた方が安心です。

ブルーライトの光から目を守ることはもちろん、なんだか「頭の回転が良くなる」なんて言われているのですから。

ただし、実際の将棋を教えるのはとても大変です。

でも、公文式の将棋盤なら駒自体に「ガイド」が付いているので、

子供たちが勝手に遊んでくれてとても便利。

うちの子もこの小学1年から将棋を始めました。

数年たって特に成績が良いわけではありませんが、

将棋を指しているときの集中力はかなりすごいと思います。

普段ダラダラしているのに将棋を指しているときはちゃんと座って将棋盤から目を離さないのです。
スポンサーリンク

将棋の初心者にぴったりの碁盤

子供のうちから将棋をすることによて

  • 集中する力を養う
  • 判断する力を養う
  • 理論的に考える力を養う

などのメリットがあると言われています。

また、百マス計算で有名な陰山英男先生は「将棋はイメージ力をきたえる道具である」といっています。

相手の駒の先の動きを想像しないと勝てないし、自然に集中して論理的に判断するというのもうなずけます。

早い子は字も読めないうちから将棋を指しています

確かに将棋の駒の動きを理解していれば、遊び感覚で将棋を楽しむことが出来るのです。

うちの子も駒に動きのガイドが付いている公文式の将棋盤で、すんなりと将棋の世界へ入っていくとこが出来ました。

この公文式の将棋盤を詳しくご説明いたしますね。

公文式の将棋盤は大人の初心者でも安心

公文式

公文式スタディ将棋。数年使っています

これは、おじいちゃんが孫の為に買ってくれたもの。

正直「あいうえお」さえ書くのが怪しい時だったので、早すぎなのでは!?と思っていたのです。

でも、駒の一つ一つに「ガイド」(駒の動き)が分かりやすく簡単に書かれています

駒の動きがとても分かりやすい

一目で分かるのですが、この赤い同線しか駒を進めることが出来ません。

この、駒の動きをまず覚えないと将棋は指すことが出来ないのです。

しかも安っぽくない

簡単な漢字でも振りがなが打ってあるし、碁盤をイメージした動きが書いてあるので、幼稚園児でも使えそうな感じなのです。

対象年齢は5歳以上から

ちゃんと日本将棋連盟が監修されています

これは単に「お子様向き」というだけではなくれっきとした日本将棋連盟の監修が入っている本格派です。

プレゼントとしても丁度いい

箱の高さは7センチ

箱の大きさは高さ7センチ、縦8.5センチ、横36センチで場所を取りません。

碁盤は折りたたみ式

中にしまえる

中に一式しまえるようになっている

ロックも出来ます

しっかりロックも出来ます

碁盤自体はとてもコンパクトに出来ていて、とても機能的です。

初心者の将棋

碁盤の高さ3センチ

子供用だからと言っても、全然安っぽくありません。

重さも1キロを少し下回る位です。

私はこの碁盤が気に入って、友人の子供のプレゼントに何回も贈りました。

というのも、将棋の入門に最適、お手軽、、だけじゃなく、大人と子供のコミュニケーションを取るのに、とってもお勧めだからです。

 

将棋で子供と大人の会話が増えた

何といっても、贈ってくれたおじいちゃんとの時間や話題がかなり増えたことがとても嬉しいです。

おじいちゃんの家に遊びに行っても3DSをかたときも離さなかった子供が、

とにかくおじいちゃんとの将棋が楽しみになりました。

おじいちゃんも孫と将棋を指すのが嬉しくてしょうがないようです。

これが、本格的な将棋の駒だったら、こんなに早く接することが出来ませんでした。

私も将棋をしたことが無かったのですが、駒のガイドが分かりやすく「とっかかりがいい」ので

何度か対戦しましたが、まあ、ボロ負けでしたが、、、

 

将棋が上手い=頭がいい?

いくら将棋が「先を読む力が育つ」と言っても、頭が良くなるから早期教育に!!となると話は別です。

確かに「右脳が発達する」「いや、左脳が鍛えられる」「前頭葉だって、」なんて議論はあるようです。

集中力も確かに(少なくても将棋を指している間は)高まると思います。

結局、将棋が上手いから頭が良くなる、という単純なものではなくて、将棋によって脳が鍛えられるのですね。

なので、即、学力向上!!というよりは、色々な物を考える力がつく、と言った方が良いかもしれません。

学力をあげるには、地道に勉強させることが一番ですが、「先を考える」力はとても大切です。

子供と大人が楽しくコミュニケーションが取れて、さらに頭の柔軟運動になるなんて、こんないいおもちゃは無いと思っています。

最近のブームにあやかってか、各地で将棋教室や将棋大会も増えてきました。

一度地域の公民館や児童館の「講座」を調べてみてはどうでしょうか。

案外、お子様がはまることによって、大人も一緒にはまるかもしれませんよ。
↓最新式の公文式スタディー将棋↓うちが使っているものと、パッケージが変わっただけの様な気がしますが。

by カエレバ

 

こちらは持ち運びに便利なコンパクトサイズ。残念ながら「ガイド」はついておりませんが、慣れていたらお勧めです。

by カエレバ

 

頭をきたえながら子供とコミュニケーションが取れる将棋、お勧めいたします!!

大人の脳の体操にもぴったりですですよね。

スポンサーリンク

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です