2017/10/20

栗粉でグルテンフリーのケーキを作ってみた

 

栗粉のシフォンケーキって意外と簡単でした

グルテンフリーって流行っているけど小麦粉を完全に避けることは今の社会じゃ難しいですよね。

添加物でほんのちょっと使われていたり、同じ工場のラインで使われているだけでも

アレルギーを持っている人にとっては大問題なのですから。

グルテンフリーのお菓子で代用品としてよく使われるのは米粉。

でも、米粉ばっかりじゃ飽きてしまうし、たまには違う食感も食べてみたいですよね。

小麦粉を使わないお菓子のレシピを探していたら結構あってびっくりしました!

例えばシフォンケーキ。小麦粉の代わりになんと栗粉を使うという人を発見(作り方は書いてなかったけど)
スポンサーリンク

栗粉⁉初めて聞いたけど、、、、、

最初、栗粉って何!?と、本当に知らなかったのですが、お菓子専門店でやっと見つけたのがこちら。

イタリア産栗粉はパッケージがかわいい

この、栗坊主を見て!イタリア産なのです。

ヨーロッパでは昔から栗粉はメジャーらしくて、パスタやニョッキにも使っているんです。

私も初めてしりました。

栗100%のイタリア産

開けてみました。やはり軽く栗の匂いがします。

そして、茶色い。モンブランを見ても分かるけど、日本の栗は黄色っぽいけど、ヨーロッパの栗は渋い茶色なのですね。

そのまま味見をしてみました。ほのかに甘い。

小麦粉より全然甘い。そして少し小さな粒(栗の粒かな)が感じられます。

一番近いのはきな粉ですね。栗粉の方が舌触りがザラザラしていますが。

触った感じはサラサラしているけど、ダマがあるので、ふるった方がいいです

日本の粉はどんどん製法が改良されて、昔のように何回もふるわなくても良いと聞いたことがあります。

さて、色々なレシピを覗いてみたのですが、どうしても栗粉を使ったケーキのレシピが出てきません。

そもそも、普通のシフォンケーキも作ったことが無いのですが、せっかく購入してしまったので、

通常のシフォンケーキのレシピで「薄力粉の代わり」に使いました。

参考にさせていただいたレシピはこちら↓

手作りお菓子とパンの専門店CUOKAさんのシフォンケーキレシピ

とにかく意外と簡単だったのでびっくりしました。

しかし、シフォンケーキってこんなにオイル使うの!?

焼く前はこんな感じです。

黒い。粒々も目立つ。砂糖を三温糖使用なのでさらに黒い。

普通のシフォンケーキのレシピで作りました

ここで失敗なのですが、あまりにも生地にオイルを使ったので、ケーキ型にバターを塗りませんでした。

これはちぎれていない方の写真

なので、見事に失敗。完成はしたけど、型から出ない。

スプーンでこそげる様にシフォンケーキ脱出させたら、生地がちぎれちぎれになってしまいました。

あまりに汚くて写真はほんの一部を。

見た目もカステラ

だけどふわふわの出来栄え。初めてにしては良いかも!!良く言えばカステラの様な感じがします

  • 香りは、なーんとなく栗の香りがしますが、栗粉使ったと言わ無ければ分からないかも。
  • 味は、栗粉自体が甘いので、分量の砂糖は減らしても大丈夫。
  • 舌触り。私は栗粉の細かい粒が気になってしまったのですが、子供たちは好きみたいです。

子供には「栗粉」とも何も言わず、生クリームをたっぷり添えて出したら、とても好評でした。

びっくりしました。うちの子は変わったもの、怪しいものは食べないのですが、お代わりまでしてくれましたよ。

ちょっといつもと変わったお味で、とっても満足しました。

アレルギーで困っている方に、是非挑戦してほしいケーキです。

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です