2017/06/24

コーヒーの飲み過ぎ予防!超簡単水出しコーヒーの作り方

 
水出しコーヒーで夏を乗り越える

こんにちは!maruです。

あなたはコーヒー好きですか?私は大好き!!って言いたのだけど、正直「つい飲んじゃう」感じ。

昔は砂糖いっぱい、ミルクたっぷりが大好きで、ご褒美のように飲んでいたのが、約10年かけて砂糖とミルク無しでも飲めるようになった今、正直「好き」かどうかはわからない。

でも、飲んじゃう。アクセントと言うのか、やっぱりリラックス効果はあるのよね。

朝のバタバタの後に一杯。会社に出社して一仕事終わったら一杯。ランチの後に一杯。そして、夕食後、、、と考えると何だかんだ4~5杯は飲んでいるのね。

コーヒーの効能については色々言われているけど、「身体に良い」という意見でも「飲み過ぎは良くない」らしいのでちょっと反省。

そんな中、水出しコーヒーという救世主が現れたのです。

どういう事!!それはコーヒーの量がホット一杯分でアイスコーヒー5杯分取れるから。

コーヒーの飲み過ぎ予防になるし(全体量としてね)何といってもコスト!コスト大事。
スポンサーリンク

水出しコーヒーって超簡単!!

普段はズボラな私は、コーヒーだけは手でドリップしています。良かったら読んでね⇒ドリップで美味しいコーヒーを入れよう

理由は、機械を使うと後かたずけが面倒だから。はい。これだけなんですが。

だから、水出しコーヒーって面倒なんじゃないの~~と疑っておりました。

でも。超簡単。私が今のところ毎日続けられているのできっとあなたにも出来るハズ!!

準備するもの

今回は、約5杯分、500mm作ります。そう、コーヒー豆は一杯分でいいんですよ。

コーヒー豆。水。お茶パック。コーヒーを保存する容器。

そう。ポイントはお茶パック。100均で50枚パックで売っているやつで大丈夫なんです。

お茶パック

よくあるお茶パック

これにホットコーヒー一杯分の豆を入れます。コーヒーの種類はお好みで。アイスコーヒー専門の豆も良いけど、普段使いのコーヒーでも十分に美味しいです。

豆を入れる

コーヒー一杯分の豆

豆のひき方は、あまり関係ないです。私は中引きですが、あまり細かいとお茶パックから出てきてしまいます。

ふたをします。

ちゃんとふたをします

これを保存する容器に入れます。たまたま私はアイスコーヒー用の容器を持っていましたが、ボールでも何でも大丈夫です。

メリタアイスコーヒー用容器

そっとパックを入れます。

そして、そのままお水を入れてもいいのですが、お湯で蒸すと香りが良いのでお勧めです。

お湯を注ぐ

少しお湯を注いで蒸らす

1~2分待ってから静かにお水を注ぎます。気を付けないとお茶パックから豆が出てきます。

お水を注ぐ

お水をそっと注ぎます

ふたをする

ふたをして冷蔵庫へ

注ぎ終わったら、あとは待つだけ。3時間以上待ちましょう、と言われましたが1時間でもいい感じ。蒸らしているからかもしれませんが。

一時間後

一時間後、こんな色

だから、夜寝る前に仕込んでおけば、朝いちばんに目覚めの一杯が飲めるのでお勧めです。

水出しコーヒーの肝心の味はどうなの

はっきり言います。おいしい。ホットコーヒーより好き。

苦みやえぐみがほとんど無いのです。しかも何だか甘い、のにスッキリしている。

もちろん、ブラックが苦手な人はミルクやシロップを入れても良いのですが、少量で満足出来るハズ。

そう、いい事ずくめなのですね。

  • コスト-コーヒー一杯分でアイスコーヒー5杯取れる。
  • コスト-ドリップ用のフィルターよりお茶のフィルターの方が安い。
  • アイスコーヒー5杯でコーヒー一杯飲んだのと同じ。
  • ほのかに甘くえぐみがないので、ミルクや砂糖、シロップの量が少なくて済む。

コールドブリューまたはダッチコーヒー

そう、今ブームなんですよね。

コールドブリューとかダッチコーヒーも同じ意味です。

専門店などに行くとたまに水が一滴ずつぽたぽたコーヒー豆に落ちている機械を見かけます。

思わず見入ってしまうのですが、要は同じこと。

他にも方法はいくつかあるようですが、気軽に出来るお茶パック方式は一番ラクチンで気軽に試せます。

お茶パックを使うまではブルックスの水出しコーヒー専用パックを買っていました。

ブルックス

ブルックスの水出し専用パック

水出しコーヒー

ブルックスの水出しコーヒーパック

ブルックス

作り方は一緒

さすがにアイスコーヒー専用に豆を選んであるだけあってコクがあって美味しいです。

これにハマっていたのですが、ホットコーヒー用の豆が余ってしまって、それを有効利用するためお茶パックコーヒーにしているところなんです。

また、本格的な水出しコーヒー用の機器も出ています。

こういうポットなら会社にも持っていけそうです。まさか会社の冷蔵庫でコーヒー作ってられませんものね。

コーヒーの飲み過ぎ予防にもなるし、これからの暑い夏は水出しコーヒーでしのいでいきましょう。
スポンサーリンク

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です