2017/11/03

格安携帯と契約する簡単な流れ(SIM3)

 

こんにちは!maruです。

前回は、格安携帯に乗り換えるため、自分なりに調べた事や、

何だかんだ問題がありながら、結局楽天モバイルと契約したことまでをご紹介していきました。

私の場合、AUユーザーで月8000円位の請求でしたが、

楽天モバイルに乗り換えて、月3000円ちょっとの請求になりました。

特に不便なところはありません。

今回は、私が実際に乗り換える時に行ったこと、ちょっとした注意点を書いていこうと思います。

楽天モバイルならスマホの料金が超お得!

格安携帯(格安SIM)の通話開始まで

ここでご紹介するのは

  • 今まで使っていたスマホをそのまま使うこと(電話番号も変えない)
  • SIMカードだけを交換すること
  • 通話も出来る契約であること

の場合です。

格安携帯契約までの大まかな流れ

準備(とっても大事なんです。確認しないと後ですごく苦労します)

  • 格安携帯会社のどこと契約するか決める。
  • 今使っているスマホがその携帯会社のSIMに対応しているか調べる(ホームページに載っています)
  • スマホからSIMカードを実際取り出してタイプを確認(カードの大きさ。3種類あります。マイクロSDカードとかね)

*例えば、現在docomoの携帯を使っている場合、新しい携帯回線がdocomo以外に対応しない事があります。

*SIMカードも、必ず本体から取り出して確認しましょう。

今契約している携帯会社に電話してナンバーポータービリティー申請

ナンバーポータービリティーとは、

今使っている電話番号を新しい会社と契約しても使えるようにすることですね。

電話で簡単に出来ます。ここで、

解約するのに「いくらかかるのか」を教えてくれます。これ大事。

解約月によって「2年間のしばりに対する違約金」なるものが発生しますし、

ナンバーポータービリティーにも手数料がかかります。

違約金約12.000円、ナンバーポータービリティー手数料約3.000円

プラス

携帯本体の代金支払いが完了していない場合、残金も一括請求されます。

ウチの場合、iphon7を買って数か月しかたっていなかったので、

全部合わせて約80.000円お支払いすることになりました。

でも、考えてみてください。

今まで携帯代が月約10.000円かかっていたとして、

これが月約3.000円になるとすると、一か月7.000円浮きます。

7000×12か月=84000。

まあ1年間で元はとれるんじゃないでしょうか。

予約番号を教えてもらう

残金請求金額の確認をしたら、やっと「予約番号」を教えてくれます。

この「予約番号」が無いと、これから先に進まないので取り合えず先に行動しましょう。

この「予約番号」には2週間ほど期限があります。

その期限以内に手続きをしないと「無かったこと」になります。

逆に言うと、予約番号を取得したとしても新しい携帯会社と契約をしない限り、

今使っている携帯会社の契約は切れません。

新しい携帯会社と契約する

注文する際に上記の「予約番号」が必要となりますので準備しておきます。

ちなみに「~月~日まで」という期限も聞かれますので忘れない様にしましょう。

ただし、イオンモバイルなど実店舗で契約する場合は先にSIMロック解除をしましょう。

(その場合でも一度新しい携帯会社に問い合わせをしてからにしてくださいね)

ネットで注文した場合、SIMカードが送られてくるまで2~3日かかります。

その間に、データーの保存などを行いましょう。だたし、同じスマホを使うのならデーターはそのまま残っている場合がほとんどです。

ただ、何が起こるか分からないので、データーの保存だけはしっかりやった方がいいと思います。

私の子供の場合、アカウントはicloudだったのでメアドも変わらず、LINEもそのままで使えました。

携帯会社のアカウントを使っている場合(ezwebとか)はもちろん変更しないといけませんが。

SIMカードを差し替えて、電話のアプリが変わったのと、プロファイルの設定をやった位かしら。

ショップに行ってSIMロック解除をしてもらう

今使っている携帯会社のショップに行ってSIMロック解除をしてもらいます。

ただ、docomoから新しい格安携帯に移る場合、その格安携帯がdocomoの回線を使っているなら

SIMロック解除はいらないと聞きましたが、取り合えずショップに行った方が確実です。

まあ、ナンバーポータービリティーの時も、SIMロック解除の時も特にイヤミを言われるわけでもなく

(「本当に大丈夫ですか」とかは言われますが)たんたんと受付をしてくれました。

SIMカード挿入、設定して通話開始

さあ、ここまで来たらあとは簡単。

SIMカードを挿入します。

裏表を気を付けてさえいればとっても簡単です。

これから先は契約した会社によって設定方法などが違うので説明に従いましょう。

やることは「電話の開通受付」「電話アプリの設定」「Wi-Fiの設定(プロファイルの設定)」「メンバーサイトへの登録」くらいです。

説明書に従えばとっても簡単です。

上手くいけば、インターネットで申し込んで3日後には新しい格安携帯を使う事が出来ます

始めてで不安なら、実店舗でお願いした方が良い

上でやっていたことは、文字にすると大変そうですが実際はそうでもありません。

しかし。

これは私が2回目の契約だったからサクサク行きましたが、実際は分からないことだらけです。

楽天モバイルにはチャット機能があって(例によって電話がつながらない)

つながれば、比較的素早く回答してくれるのですが、

なかなか思っている事や疑問点を伝える事が出来ない

(そもそも何が疑問なのか分からない)のです。

私の場合最初から「これでもか」と言うくらい大変だったので

⇒参照ください、めっちゃ苦労した経験を!!

少しでも不安がある場合は、店舗がある会社を選んだ方が気持ち的に楽だと思います。

イオンモバイルだったら、イオンショッピングセンターの中にあるので気軽だし、

人気のmineoも都会には実店舗が何軒かあるみたいです。

私が調べきれていない、もっとあなたに合った携帯会社もあるかもしれません。

私が申し込んだのは楽天モバイルです。

楽天会員なら申し込みに他社よりも手間がかからず、楽天ポイントアップもついてくるのでお得なのです。

色々なキャンペーンをやっているので、自分にとってお得かどうか調べてみてはいかがでしょうか。

↓こちらから確認出来ます。



スポンサーリンク

キャッシュバックが魅力的なexeiteモバイルも、とてもお得です。

 

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です