BRUNO・シーズニングを使って20分でパエリアを作る

 

こんにちは!maruです。

BRUNOを購入して以来、ウチでは一週間に一度は登場するくらい大活躍しています。

というのも、ちょっとお肉を焼くにしろ、フライパンで焼いてお皿に盛りつけて食卓に出すよりも、食卓のBRUNOで焼く方がメリットが大きいのです。

だって、BRUNOに適当にお肉や野菜をのせて焼くと、家族が各自好きなだけ取って好きなタレを付けて好きなように焼いてくれるからです。

なんだか食卓が豪華な感じがしますし、第一楽しいですよね。

いっぱいおかずを作るよりも「焼けるもの」を用意する方が手間もかかりませんし、後片付けもラクチンですから。タマゴとかソーセージとか玉ねぎなどの野菜を用意しておくだけで、みんな自分で好きなようにやってくれます。

今回、パエリアを作るのに挑戦するのにセラミックコート鍋を使いましたが、2合くらいまでなら標準でついてくるホットプレートでも大丈夫だと思います。
スポンサーリンク

ブルーノセラミックコート鍋でパエリアを作ってみよう

水を入れる

セラミックコート鍋。

このセラミックコート鍋。その名の通り、「鍋」として冬の間は大活躍していました。

しかし、BRUNOを買ったときから、ずっと密かに憧れていた「パエリア」を作ってみたかったのです。

ところが!原料の「サフラン」が高い。近所のスーパーで、ちょろっと入って800円!!さすがに安売りスーパーでは取り扱っていなかったし、一回のパエリアの、ほぼライスの黄色の為に800円は高い!!

なのでちょっと迷っていたのですね。

しかし、今回とってもいいものを見つけました。エスビーのシーズニングミックス パエリア。

とっても簡単便利だったのでご紹介しますね。

パエリアのシーズニングを使ってパエリア約20分

サフランを探していた時に、横のこしょうなどの詰め替えの小袋コーナーで見つけました。約100円。安い!

エスビー パエリアのシーズニング

裏面

これは2人用が2袋入っているので4人家族で使えますね。

ただ、このシーズニング。あまりにも簡単。本来の使い方は「炊飯器に入れるだけ」なんです。

もう味もついているので、お米と水とシーズニングと具材を炊飯器に入れると、、出来ちゃう。

BRUNOいらないじゃない!?と、疑問が出るのです。

しかし、今回はどうしてもBRUNOで作りたいのです。何故なら、BRUNOで作ると豪華だから!!おかずが少なくても何となく豪華に見えるから!!

2袋(2合分)入っている

さて、気を取り直して挑戦してみますね。レシピを色々探しましたが、やはり、わざわざシーズニングを使ったパエリアの作り方なんてありませんでした。

ですから、色々なレシピを参考に、勝手に作っていますよ。一応成功していますので。

材料(4人分)

パエリアシーズニング、お米2合(300g)、オリーブオイル(無ければバターでもいいが焦げやすくなります)、水320ml、具材(私はパプリカとシーフードミックスを使用)

家族4人分お米2合(300g)

今回の具材、パプリカ半分とシーフードミックス200g

お米を炒める

20分で!と言いつつ、お米はあらかじめ洗って水につけておいてください。

洗って、そのままでも良いようですが、私はロウカット玄米を1/3使っているのでとりあえず1時間浸水しています。

BRUNOにオリーブオイルをおおさじ1位入れてにんにく(お好みの量)を炒めます。焦げてきたら取り出しましょう。

オリーブオイルでにんにくを炒める

そこに水気を切ったお米を投入、炒めていきます。

お米を投入

強火(HI)で、お米が半透明になる位に炒めていきますが、これが良く分からないかもしれません。私の体感としては約5分ほど炒めました。

玄米が入っているせいか半透明が分かりにくい

お汁を投入する

お水320mlに粉を混ぜ、お鍋に投入する

均一になるように混ぜる

ここにパプリカ以外の具材を上に均一にのせます。

お米を炊く

水分が沸騰したら、火を中火(MED)にして、ふたをし約10分強お米を炊きます。

約10分後

10分後、ふたを開けて、まだ水分が下に溜まっていないか確認します。

水分が無いか確認、この位ならOK

炊けているようなら上にパプリカを散らします。この時、ご飯にシンが残っているようなら少し水を加えます。

5分おく

パプリカをまぶして又ふたをすて5分

またふたをして5分。これで出来上がりです。

炊飯器の方が簡単だけど、BRUNOを使った方が出来上がりは早いですね。

ここまでで約20分です。

横のレバーで火を調節

出来上がりはおこげが出来る

出来上がり

慣れないとちょっと手間取るかもしれませんが、流れを最初に確認しておくととっても簡単です。

お味も最初からついているので、調味量を測ったりする手間もありません。おこげが出来ましたが、これも美味しかったですよ。

お好みで鶏肉を入れたり、普通の緑のピーマンを散らすと色どりも綺麗ですよね(ウチは子供が緑のピーマン嫌いなので、、、)

ちょっと、本場とは違うかもしれませんが、パセリと粉チーズをまぶしてみました。

パセリと粉チーズをトッピング

ちょっと本格的っぽく(あくまでも、本場を知りません、、)美味しそうに見えました。

お味も濃すぎないし、さっぱりとして食べやすかったです。

サフランの香りもしたし、家族には大好評でした。これが炊飯器だと、寂しいかもしれません。

自分で取り分けるのが楽しいし、やっぱり食卓の真ん中にBRUNOがあるだけで、テーブルが華やかになりますし、ごちそう感がグッと出ますよね。

後かたずけもとってもラクチン。

さっと洗うだけで汚れが落ちる

手洗いでも、力を入れずにさっと汚れが落ちます。

忙しいママにこそこのBRUNOは必需品です。

とっても素早く簡単に作れるので(家族には手間がかかっているように見えます)是非挑戦してみてくださいね。

セラミックコート鍋は別売りです。今回位の分量なら、附属のホットプレートでも大丈夫だと思います。

スポンサーリンク

 

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です