2017/01/03

夫婦が理解しあえる秘訣とは?

 

口やかましくなっちゃう時の解決法
スポンサーリンク




仕事から帰ってバタバタと忙しいし子育ても大変だし家事もやらなくちゃ。そんな中、のんきにテレビを見て笑っている夫を見たらイライラするし、手伝ってくれたらくれたで二度手間になるし。それでまたイライラ。ついついグチグチ言ってませんか?
日常よくある夫婦間のイライラについて、アラン・ピーズ&バーバラ・ピーズの著書『嘘つき男と泣き虫女』を参考に紹介していきたいと思います。

考え方は男女で違う

女性にとって夫や恋人じゃなくても男の人って「どうして!?」と不思議で理解できない行動が多くありますね。どうしてでしょうか。

女性は一度に色々出来るけど

決定的な男女の脳みその違い。女性は電話でおしゃべりしながらLINEの返事を書き、背後の子供たちのケンカも把握できます。これは脳みその言葉を担当する部分が男性より発達しているから。

反対に男性は一度に一つの事しか集中出来ないのです。
だから、一つの事をとことん追求する研究者は男性が多いし、女性は色々な情報の中から必要なものを取り出して取り次ぐ総合案内のような仕事が得意です。
なので、女性がグチグチと色んなことをまくしたてるのが男性は苦手なのですね。
「ねえ、私だって働いているんだから食事の手伝い位してよ、あなたは呑気でいいよね、ごみだって今日私が出したのよ、それもさ、子供を病院に連れて行って遅刻までして。それからあなたが当番だったお風呂も私が洗ったのよ、だから、、、」なんてまくし立てても、男性は半分も聞いていないそうです。

口うるさいのは認めてほしいから


先ほどのグチは裏をかえすとこういえます。「私は仕事をしながらも食事も作ったのよ、ゴミ出しもしたのよ、子供の事も見ているのよ、、、私、がんばっているでしょ!!」
本当は旦那様が「そうだったのか!!」と気が付いて今日から感謝してくれたり、自分から手伝ってくれたら、半分位は問題が解決するはず。でも、そんなことはあり得ませんよね。

何が問題か相手に伝える

「言わなくても分かるでしょ」は、あり得ません。「普通ならこうするはず」も通用しませんね。どうしてか。人どれぞれの「普通」は違うから。
だから、不満を心いっぱいに感じているなら話し合いましょう。この不満がいっぱいたまって、あふれ出てしまうと取り返しのつかない事になります。

  • 何に不満なのか伝えたら、相手の考えも聞く。
  • 相手を責める言い方をしない。
  • どうしたら嬉しいかちゃんと伝える

それでも相手が理解してくれない場合、
この先もお互い幸せになりたいんだよね」と確認してみましょう。

相手が変わらないなら自分が変わる

それでも相手が変わらない時。でもこの生活は守りたいなら自分が変わるしかありませんね。
○言いたいことをキチンと口で言う。

「ねえ、今日は私がごみを出したから、次はよろしく!!」
「私、食事を作っているからお風呂掃除してくれる?」などね。
はっきり言うことでストレスがぐっと減りますよ。
ポイントは「あなたは~~」ではなく「私」で始まる言葉にしましょう。

本当の心は怒っているのでついつい批判がましくなりますが、「私は」で始まると相手も腹が立ちにくいそうです。

○あてにしない。

どうしても伝わらない時はとりあえずあきらめましょう。

最初からあてにしないと段々腹も立たなくなります。こっそり作戦を練りますよ!

まとめ。これからも夫婦であり続けるのなら。

夫婦喧嘩は心の底でお互いを思いやる気持ちがあるうちは大丈夫。

だけど、悪口合戦になってしまったら要注意。

相手の欠点しか見えなくなる前に冷静に話し合って、「これからも幸せでいたいんだよね」と確認しあいましょうね。

 

よろしければポチっとお願いします
にほんブログ村 健康ブログ 心と体へ
にほんブログ村


スポンサーリンク

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です