2017/01/03

続けられる節約術・家計簿アプリ編

 

家計簿アプリは「使いこなさない」

心編準備編お給料日編とやってきて、今回は簡単な「家計簿」について書いていきますね。


今度こそ節約しよう!と思っている人は今まで節約出来なかった人ですよね?

私の夫は節約とは意識しなくても貯金出来る人です(別名ケチともイイマス)反対に私は全然貯金出来ないのですね。

だから、もちろん家計簿も続かない。めんどくさいもの。

だけど、節約するからには一度は家の家計を確認するのはとても重要なのです。しっかりと現実をみなくっちゃ。

そこで、すごーく楽で気軽な家計簿無いかな~~と探してみたら、ありました。

有名なアプリ、マネーフォワードを使いましょう

機能が本当に多いです。銀行やカードと連携してすべてのお金の出入りの管理が出来る。

だけど、私には使いこなせなかったのです(使いこなせる人には尊敬しちゃう。きっと自己管理も出来る人なんだろうな)

ただし、毎日のレシートの管理だけは別!とっても簡単だし、何より楽しいのよ。

レシートをカメラでパシャっと取るだけで、日付、買ったお店、金額、分類を一瞬でしてくるのです。

使いこなそうと思うと、しんどくなるのであえて「使いこなさない」。

まずは簡単な機能だけ使って、自分に合っているなと感じたら「使いこなして」見てください。

マネーフォワードで最低限の家計簿をつける

まずは登録から。GoogleのアカウントかFacebook、これらが無くてもマネーフォワードでアカウントを作って登録します。

余裕のある人は銀行やクレジットカードを登録してみてください。各銀行の明細の確認がここで全部出来ちゃうのです。

使っている銀行が多い人やカードでの支払がメインの人は銀行のお金の出入りも一緒の画面で一目で見れるから超便利です。

最近だと、ふるさと納税の控除額がチェック出来たり、ビットコインの口座開設も出来るみたい。

ただーし。私の節約術は「銀行からお金をおろさない」だけがポイントなので「お財布の中身」だけを見ていきます。

やる事は「レシートをパシャ」だけ。

お給料日になったら、その月に使えるお金を全部お財布に入れます。

はい、ここでアプリに入力。例として90000円(あくまで例えばの金額ですよ)給与として登録します。

色々な機能や銀行などと連携させている人はモチロン本当の金額を入れてくださいね、とにかく使える手持ちのお金が90000円となるように、うまいことカチャカチャしてください。

さあ、レシートの入力です。カメラを選択します。

短いレシートならそのままパシャ!長いレシートなら真ん中を折りたたんで、日付、お店の電話番号(ここでお店を判断していると思う)金額が全部カメラに入るようにします。

↓パシャすると自動でこの画面に。

おおっ!入りましたね。ここで保存。

しかし、やはり相手は機械なのですね、何回パシャしても間違うこともあります。これは手入力しましょう。また分類もあてにならない時があるので手入力。そしてお店もマイナーなお店は表示してくれません。

すると90000円からいくら使ったか、表となって出てくるのです!!

つまり、

この画面で、お財布の中にいくら入っているか分かるので、お財布の中身と金額が合っているかチェックします。

もし、大幅に金額が合っていない人は要注意です。自分でも分からないお金が出ているのですね。

下の食費の横の > を押すと、いつ、いくら使ったか出てきますし、食費も分けようと思えば「外食」「食材」など細かく設定できます。

これを1か月続けると、うちの家計は何にお金を一番使ったのか大体分かってきますよ。ここで自分の中で反省会を開きましょう。

あと、大事なことは、カレンダーで一か月の管理をお給料日から始まるように設定します。

次回は「ちょこちょこ」使える毎日の節約術です!


 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です