スマホ依存症?中毒?今すぐ対策を!

 
スマホ依存

こんにちは!maruです。

あなたはスマホ依存症ではありませんか!?

よく公園で子供を遊ばせているママでさえ子供を見ずにスマホに熱中していたり、家族で旅行中なのに写メして投稿して、、を繰り返している人を見かけます。

いえ、批判しているわけではないのです。私だって、子供の授乳中に携帯をいじっていた経験者ですから(当時スマホは無かったので、、)

特に家庭でのママって「ここからここまでが主婦の仕事」って線引きが無いので、リラックスしていても「ママ、ちょっと来て」「お母さん、これどうやるの」とこちょこちょ動かなくてはいけません。

さらに子供が小さいと、ぼーっとしている暇なんてないしね。なんだか子供以外の外のつながりが恋しくなっちゃうしね。

だから、ちょっとの時間で外とつながれるスマホの存在ってすごく大きいと思うんです。
スポンサーリンク

依存症になったら何も出来ない

そう、ちょっとした息抜きとか少しの現実逃避くらいならいいんです。

でも、ツイッターとかLINEとか見ていても、この人生活できているのかな、と言うくらい投稿をしている人がいっぱい。

私も一時期「スマホが生活の中心」になっちゃいました。

私の場合はゲームにハマっちゃって、ほら、時間が経過すると収穫出来てそれで村が大きくなって、、、とかいうゲーム。

これって無限地獄でした。今から思うと。ある人が言うには「時間泥棒」系ゲーム。

あと、2分経てば小麦が収穫できる、、、と思うと「取り合えず収穫しよう」と思う。

そうこうしているうちに、あと3分で工場の建設が終わるのか、その間に種を植えて、、というループが延々続くゲーム。

だから、ここで終わりということが無く、普段人間として暮らしていても兎に角気になってしょうがないのです。

人間としての生活に支障が出てくると、それはもう「依存症」です。はい。

トイレに入っても、湯船につかっていてもスマホをいじっていましたね。

しかも一応母親だから、家族にそんな姿はあまり見せられなくて、コソコソして余計に罪悪感にさいなまれたり。

とにかく、ある日突然、これじゃあ、あかーん 人間終わってまう

と、いきなり思いました。きっかけなんてないんです。なんかコソコソするのがもう限界だったのかもしれない。

今まで積み上げてきたレベルやお金(ゲーム内のね)を一切振り切ってすべて消去しました。

スマホ依存症の防止アプリ

私は使いませんでしたが、アプリでも簡単に依存症の診断が出来るそうです。

まあ、スマホでスマホ依存症を診断するって事。

「スマホ依存症診断」とか「中学生がつくったネット依存度チェック」があります。

ゲーム感覚で出来るアプリもあって(なんだか本末転倒な気が)「スマホをやめれば魚が育つ」とか、子供の勉強の際に使える「スマホの前に集中できるタイマー ネットは後で!」なんていうのもあります。

ただし、SNSとかの投稿者の場合、「いいね」とかフォロワーの返事とか反応を見たいのはどうしようもないですよね。これって脳が「快感」を覚えてしまって、一種の薬の中毒と同じなんです。

物理的な方法がいくつかありますので、試してみてはどうでしょう。

 

依存症からの脱出方法-デジタルデトックスへ

私の場合、働いていたし子供や夫の手前、コソコソして気持ちにも物理的にも(だって何にも出来ないんだよ)余裕がなくなったから一切を断ち切れたと思うのです。

でも、時間的に余裕があったり、スマホしか外とのつながりが無い状況だと、スマホ依存症を断ち切るのは難しいですよね。

だから、スマホは便利に使いつつ、なんとか「必要な時だけ」使うようにしたいなら色々作戦を練らなくてはいけません。

最近はあまり言われなくなったけど、電磁波だってなんか怖いし、確実に目には良くないですもの。

大体、デジタルデトックスなんて言葉がある位だから世界的にも問題なんでしょうね。

スマホを夜は違う部屋に置く

スマホって昼間よりも夜の方が依存性が高くないですか?

ちょっと寝れない時。昔だったら本を読むにしろ電気をつけないといけないし、何とか無理やり目をつぶってやり過ごしていました。

でも、スマホなら(目に悪いと思いつつ)明かりが無くても操作できるし、特に夜は邪魔されずに落ち着いて出来るのでついつい何時間もいじっちゃう。

これ、最悪。スマホのブルーライトは目の奥に入り込んで余計眠りが浅くなります。

スマホは確かに便利だけど、目覚まし時計くらいはちゃんとしたのを置いて、スマホは違う部屋に置いておきましょう。

ちなみにウチの子供達は夜10時以降は私にスマホを提出しています。

でもね、やっぱりあの手この手で「こっそり」自分の部屋に持っていこうとするんですよ。

あるときはカバーだけを残し中身だけ持って行ったし、私が寝ているだろうと深夜こっそり持ち去ろうとしたり。

自分自身が依存症だった私は、敵の手の内は分かり切っているのですぐに見破ってやっています。今のところはね。

 

画面を白黒にする(スマホの画面を反転させる)

これは結構使えます。

画面をカラーじゃなくて白黒にするのです。もともとは目の病気の人の為にこの機能があるらしいのです。

うん、これ、あまりスマホが楽しくない、、、何か地味で。内容も地味に感じちゃうのかな。ちょっとイライラするしね。

まずは「設定」を開いて「一般」へ

設定から一般

設定から一般を開く

アクセシビリティ

アクセシビリティを開く

「一般」から「アクセシビリティ」、そこから「ディスプレイ調整」へ

カラーフィルター

カラーフィルター選択

カラーフィルターオフ

ここでカラーフィルターをOFF

はい、カラーフィルターをOFFにすれば、モノクロのスマホになりましたね。

つわものはさらに「ディスプレイ調整」のところで「色を反転」にするそうです。

たっ確かに、なんだか使いにくそうな感じがにじみ出ています。

 

SNS依存症の方には良いかもしれません。だって、なんだか楽しくないんだもの。

デジタルの綺麗なカラーって人をわくわくさせるのね。

だからどんどん「綺麗」を売りにしたディスプレイが出てくのね。

人として終わりそうならスマホをやめる

最終手段です。

もう、たとえ画面を見ていなくても、どこか身に着けていないとイライラするなら終わっちゃいそうですね。

(まあ、私もなんですけどねっ。)

ガラケーにして、腕時計をはめて、紙の手帳を持つ。

おっ、かえって意識高い系人間に見えないことも無いですね。

普通の人間としての生活が保てるよう、お互い頑張りましょうね!!
スポンサーリンク

 

 

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です