2018/02/11

あの人と仲良くなれる、魔法の行動とは?

 

こんにちは!maruです!

あなたは「あの人と仲良くなりたいなあ」って、思う人いませんか?

それは、異性だけじゃくて同性でも思う時がありませんか?

何となく感覚が合う、話が合う、でももう一歩仲良くなれない。

会社でも、先輩や後輩ともう少し打ち解けてもらったら仕事も楽しいのに。

そんな時、ちょっとしたことで人にとてもいい印象を与える行動があるのですよ!!

仲良くなるきっかけを作る、幸せホルモンの不思議

政治家は普段イバッていても、選挙になるとよく握手を求めてきますよね。

私の働く会社でも、普段は全く顔を見せないのに、選挙になると「とってもフレンドリーなおじさん」になって社員全員と握手をしていく政治家がいます。

実は、この「握手」って、相手によい印象をあたえるのにとっても効果的って知っていましたか?。

どうして握手は人の心をつかむのか

握手

握手を求められてイヤな気持ちにはなりません

アメリカのアイオワ大学の研究で握手に関する研究結果がとても面白いんです。

力強い握手をした人は、弱々しい握手をした人より「人間的に」優れているということを発表しています。

単純に人間が優れている、劣っているって決めれないけど、ここでは単純に社会的なスキルがあるっていう事。

つまり、力強い握手をする人は、積極性があり、全体的な能力スキルが高いのですね

これは、就職するとき「採用されやすかった」という結果にも表れているそうです。

実際、自分に自信が無いと強い握手なんて出来ませんよね。

逆に言えば、あえて強く握ることで自分を価値のある人間に見せる事が出来るという事なんです。

握手はスキンシップの始まり

スキンシップは愛情表現

人と人が握手をするって、肌と肌が触れ合い、スキンシップが生まれます。

この、ふれあいによってオキシトシンと呼ばれる「幸せホルモン」が分泌されます。

好きな人に触れられたり、お母さんに頭をなぜてもらうと本当に幸せな気持ちになりますし、実際きもちいいのです。

ここまでいかなくても、人と人のふれあいは「幸せホルモン」

を分泌させて相手に親しみを感じやすくするのです。

大体、初めてのデートで最初のステップは「手をつなぐこと」ではないですか!?

最初は手をつなぐだけでもぐっと関係が縮まったような気がします。

最大級の喜びでしたよね、、最初はね、

 

この女社長さんが成功しているわ

昔、知り合いの食品販売の会社を手伝っていたころ、そこの女社長さんの行動にびっくりしたことがあります。

商談の際、試食品のサンプルを実際に食べてもらうのですが、サンプルを渡す時かならず両手で渡し、その受け取った相手の手を両手で包み込むのです。

文章にすると分かりにくいのですが、ただサンプルを渡すのではなくて、相手の手を触れるのですね。

相手のおじさまは、ほぼびっくりしますが「とっても嬉しそう」にするんです。

女社長さんは特別きれいでも(ごめんなさい!!)

若くも無かったのですが、何だかんだと話がまとまります

その人がふれあいによるオキシトシンの効果を知っていたとは思いません。

本能的に知っていたのだと思います。

 

どうして「出来る営業マン」は2度握手するのか

強い握手は自信を伝える

欧米のビジネスの場面だと、まず初対面で握手をします。そして別れ際にもう一度握手をします。

最初の握手で少し打ち解けて、最後ダメ押しの握手をするのですね。

実際、人は、初対面の人をとりあえず「見た目で」判断します。

自分の過去に会って来た人の情報と比べて「こんな人だろうな」と考えるのです。

握手だとより鮮明に思い出し、自分の近い人に似ているとなれば「信頼できる人だ」と強く思うようになります。

近い人にいなくても、その握手が力強いものなら「好印象」になります

「握手」をすることで親近感を持ってもらえるのなら、やってみる価値はありますよね。

一番握手で効果的なのは「強く相手の手を握り、目を見ながら強く上下に振る」ことだそうです。

 

それとなく好意を伝える方法とは

握手を求めてくる人って、やっぱり積極的、活動的な人が多いと思いませんか!?

仕事上の付き合いだろうが、友達の紹介であろうが、握手を求められて悪い気はしませんし、逆に印象が良くなります。

とはいえ、日本人ってなかなか握手をしませんよね。

仕事の場面だと、お辞儀と笑顔でやり過ごしてしまうし、だいたい名刺交換で紙を通したふれあいが多いです。

そもそも、すでに知り合いだったりすると、今さら握手なんて逆に怪しく思われちゃいます。

なので、軽いボディータッチをしてみればいいのです

ヒジや二の腕のあたりをポンポンと軽くたたく程度ですね。

あまり触ると「なれなれしい」と思われてしまいますけど。

呼ぶとき、気が付いてほしいとき、笑って気がゆるんでいるとき、注意するとき。

ポンポンと軽く触れるだけで「私はあなたを気にしています」「嫌いじゃない、むしろ好き」ってことを伝える事が出来るのですよ。

これは実際やってみると本当に効果があります。

私も実は対人関係が苦手だったのですが、話に乗ったり少し突っ込んだりする時に、相手の肩なんかを軽くポンポンとするようにしています。

(ひかえめに言っても)嫌いな人にはさわることも出来ないので、遠回しにでも好意を伝えるようにしているのです。

そうすると一体感とか仲間意識というか、そういうものが出来てきたように思うんですよ。

ハーレクイーンロマンス

新婚時代はお互いに触れたくなるもの

もちろん逆効果もある

もちろん、大っ嫌いな人に触られると、想像しただけでゾッとする。

そんな関係の場合はもちろん逆効果ですよね。まあ、だいたい相手の態度でわかるもの。

イヤがっている相手ではなく、向こうも何となく好感をもっていそうな人でもっと仲良くなりたい人に試してみましょうね。

アメリカでは握手は一般的と言われていますが、あのトランプ大統領は握手嫌いなんだそうですよ。

「細菌をばらまく」からだそうです。

強烈なキャラクターで自分というものが完成されている人は、もはやスキンシップなんて関係ないのかもしれませんね。

 

どういう人がもてているのか

そういえば、男性にもてる女性って、ボディータッチが上手いと思いませんか。

また、普段握手の習慣がない私達も突然握手を求められると、すごく印象に残りませんか?

それがとっても清潔感がある好きなタイプの異性だったらハッキリ言ってうれしい。

素敵な女性でもとっても嬉しい。力強い握手を期待しちゃう。

でも、不潔な下心がありそうな人に触れられると拒否反応がハンパないですよね。

仲良くなってほしいと思われる自分でいたいし、もっと友達と仲良くなりたい。

軽くタッチするというのは「悪意を持っていません」「むしろ好き」ということを

無意識に表現できる最強の方法ではないでしょうか。

会社でも友達関係でも、もう少し近づきたいと思う人に是非試してみてください。

ただし、軽いボディータッチはしても、ベットベトの関係はカンベンしてほしいです。

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください