2017/10/27

ヨーグルトメーカーを使ってR-1を増殖させてみた

 

今や一年中インフルエンザが流行っていませんか!?

R-1というヨーグルトが、インフルエンザの予防になるとテレビで紹介されていました。

実際に佐賀県有田町の児童、学校関係者を対象に調査したところ、R-1を摂取している人は摂取していない人に比べて、かなり感染が低かったそうです。

小学児童だけだと感染率は1/10にもなったほど。

ちなみにガン細胞を死滅させるNK細胞を活性する作用もあるそうです。

とても身体に良さそうなのですが、家族で毎日飲み続けるには、ちょっと痛い出費になりませんか!?

スポンサーリンク

ヨーグルトメーカーを使ってR-1を増やそう

四人家族が毎日1本ずつ飲んだとして、

高機能ヨーグルト(ドリンクタイプ)1本120円(近所の最安値。)×4本(家族分)×1ヶ月 ⇒ およそ14400円

結構かかりますね。そしてインフルエンザシーズンだと、予防接種も受けるので

インフルエンザ予防接種
1人3800円(近所の医院の最安値。) ×4人 ⇒ 15200円

シーズン中は最低でも30000円近くも痛い出費になりそうなんです。

なので、ヨーグルトメーカーを使って、大量に高機能ヨーグルトを作ってみました。

高機能ヨーグルトの増やし方

*材料*
牛乳       149円(近所最安)1000ml
高機能ヨーグルト(ドリンクタイプが混ぜやすい)120円(近所最安)
オリゴ糖    (近所最安は1000g300円ですが、何グラム使うのか測り忘れました☆)
☆オリゴ糖は乳酸菌のエサになります☆
この熊がかわいい、ウチの近所の最安値牛乳。これを使います。

まず、ヨーグルトを牛乳に投入するのですが、牛乳パックを開けたまま入れると牛乳があふれちゃうのでヨーグルトとオリゴ糖の入る分牛乳を減らします。
このドリンクタイプのヨーグルトは内容量112mlなので、150mlくらいの牛乳を出します(あとで混ぜやすいから)

とりあえず、ヨーグルトの約半分を牛乳に投入。☆牛乳の口は全部開けないで!半分だけにしてね。
ヨーグルトの残りの容器にオリゴ糖を投入。ふたしてシャカシャカシェイク。それを牛乳にまた投入
牛乳のふたを閉じ、(テープやクリップで止めたほうが良い)シャカシャシェイク。

とにかく、牛乳とヨーグルトとオリゴ糖を混ぜる。混ぜる。

準備はこれだけ。慣れれば一分もかかりません


ヨーグルトメーカーへぽんっ。あとは待つだけ。
10時間後(私のヨーグルトメーカーはシンプル過ぎて簡単なんだけど時間がかかるの)ほわほわのヨーグルトができました。

149円(牛乳)+120円(ヨーグルト)+オリゴ糖
1000ml(牛乳)÷112ml ⇒ 8.9
149+120+30 ÷ 8.9  ⇒ 33.5
どどん!

高機能ヨーグルトを手作りすると最安で35円

ここで注意です。
牛乳パックを混ぜるときはお箸とか、一切中に入れないこと。

これは、雑菌が入ってしまうからなのです。
そして、牛乳パックから注いだあとは、絶対に注ぎ口をテッシュ等でふくこと。
アトピーや皮膚の湿疹は乳製品が合わない、もしくはカルシウムの摂取し過ぎの可能性もあるので、いくら体にいいといわれていても様子を見ながらにしましょう。

私がシンプルでちょうどいいなと使っているのがこれです。

ただ、時間設定や温度調節が出来ないので、ヨーグルトの種類によっては作れないものがあったり、ついつい10時間後って、忘れてしまうんですね。
甘酒もできるこちらのもお勧めです。

時間を忘れてほっておくとヨーグルトはだんだん固まってきてドッロドロになります。

ヨーグルトは少し温めた方が乳酸菌が活発になるそうです。

ですから、電子レンジで、ほんの少し温めるだけで効果は倍増します。
出来立てのヨーグルトはとおっても美味しいのでぜひ挑戦してみてくださいね。

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です