安眠ウェーブ枕は本当に肩コリにいいのか

伸びをする 便利グッズ
目覚めの伸び

朝起きてすでに肩が凝っている方へ!安眠ウェーブ枕を使ってみて!

こんにちは!maruです。

久しぶりに「肩こりを解消する凄いグッズ」に巡り合えたのでご紹介したいと思います。

それは、まくら!!なのですが、、、

「どうせ、何を使っても一緒」

なんてあきらめていたんです。

形状記憶だとか、低反発、高反発、ビーズ、など、、、いろいろこだわってみたのですが、なかなか自分にしっくりくる枕に出会うことがありませんでした。

ところが、本屋さんでこの枕を見つけたんです。

あの、薄い本についている、おまけグッズ(巷でどんな表現をされているのか分かりませんが、、、)、あれです。

ピッタリの枕をあきらめていただけに、本当かな、と思いましたが枕の詰め物が「空気」だし、なによりも安いので、購入することにしました。

起きた瞬間から肩が痛い、首が回らない、、

たぶん、寝る直前まで本を読んだり、スマホを見ているからかもしれませんが、

とにかく、朝起きると首が痛かったんです。

首と布団のスキマが出来ると良くないとは聞いていたので、枕を低くしたり高くしたり色々形を変えていたのですが、どうしても枕と頭の設置部分もこすれて痛い。

首も肩も痛くなるので、最近では「枕なし」で寝ていました。

それでもやっぱり、そのままシーツの上で寝るのも何となく落ち着かないし、枕が欲しいなあと思っていたのです。

本屋で安眠ウェーブ枕を発見!熟睡出来て肩こりも?

そんな時、本屋でふと目に入ったのが「安眠ウェーブ枕」。

「熟睡出来て、首凝り・肩こりも解消!」らしい。

もちろん怪しいとは思いました。

でも、人間って自分にとって必要な情報は、自分が気にしてなくてもあちらから飛び込んでくる!と聞いたことがあります。

確かに私は朝の目覚めの悪さ、肩どころか全身がガチガチになっている事に悩んでいたけど、近く全身マッサージとか整体にでも行こうと思っていたんですね。

それなのに、何故かこの「安眠ウェーブ枕」が目に飛び込んできて、手に取ってしまったのです。

この枕を簡単に説明すると、中身は何も入って無くて、空気で膨らますタイプの枕です。

そして、めちゃめちゃ軽い。しかも1600円

普通「人体構造を考え抜いた~~」とか、「首の曲線に合わせてオーダーメイド!」のマクラなんて、すごく高いじゃないですか。

本当に良い枕なら10000円でも惜しくないけど。枕は永く使えますしね!

でも、この枕のパッケージに「自立神経が整う」という言葉があって、ついふらふらと手に取ってしまったのです。

空気の枕で自律神経が整うのか

自立神経とは、精神の安定を司る神経の事。

不快眠りにかなりの影響力を持つと言われています。

でも、パッケージには力強くハッキリと書いてあります。

空気の枕で!?自立神経が整うの!?とかなり疑っていました。

しかし、好奇心が勝って、1600円なら騙されてみるか!!という訳で購入。

中に入っている説明本にはこう書かれていました。

「首(頸椎)と頭部の接続部分には自立神経が集中しています。その部分にゆがみや変形などの異常が起こると、自立神経が誤作動して交感神経と副交感神経のバランスが崩れ、不眠につながります」

「昼間に働くはずの交感神経が夜でも活発になり、身体が緊張して興奮状態が続き眠れなくなるのです。」

「枕で一番大切なのは、頭部を包み込み、首を安定させるという事です。そうすれば首の後ろに位置する頸椎も安定して、自立神経が整い、安心して眠りに入っていけます」

交感神経は昼間に人としての活動を活発に行うために重要な神経だけど、だからこそ夜には疲れを癒し、安眠するために副交感神経が有利になるようにしないといけないというわけです。

その自律神経が集まる首と頭部の付け根を安定させることがこの枕の目的なのです。

安眠ウェーブ枕で、なぜ肩こりや首こりが改善するのか

自律神経が整って、安眠出来るのは分りました。ではなぜ肩こりまで解消するのか?

この枕の監修者の先生は「足」の専門家で、首凝りや肩こりの原因は「悪い脚で、悪い歩き方」で首に影響が出ているとしています。

首にゆがみや偏りが出ると、重い頭を支えている首や肩の筋肉を緊張させて肩こり、首こりになっていくそうです。

足が本当の原因かどうかは分からないのですが、確かに若いころに比べて歩かなくなったし、ゆがみも出ているのかもしれません。

何よりスマホを使う時は、どうしても下の方を向いて操作するので、首への負担も多いはずです。

この「重い頭」を安眠枕のウェーブ構造が包んで固定することによって首の負担を軽減する、という事なのですね。

しかも、「固定」と言っても、普通の枕の詰め物と違って、ほとんどが空気だから力も分散されて圧迫しない事が重要なのです。

安眠ウェーブ枕でびっくりするくらい快眠出来た!

さて、まずは実際に空気を入れて準備をします。

まず、説明本通りに、半分だけ空気を入れてみました。

それにバスタオルを巻いて、寝てみました。

まずは、気持ちいい。

首や頭への圧迫感がない。軽い。

そして、翌朝、本当にびっくりなのですが、数年ぶり位に「肩の痛さ」を感じなかったのです。

普通に毎朝肩が痛かったので、軽くストレッチをしないと動き出すのが怖かったのですが、「あれ!軽い、、、」というのが正直な感想でした。

これまで色々な枕を使ってきただけに、まくらなんて何を使っても一緒だと半分あきらめていたのですが。

顔の血のめぐりが良くなったのか、朝起きると顔がほてっているくらいなんです。

二日目、、も快調。あんまり熟睡し過ぎたのか、かえって頭がポヤポヤしてなんだろう、ふわふわした状態が続きました。

もちろん、すぐに普通の生活が始まって会社に行ったりスマホを使っているうちに、馴染みの肩こりも出てきたのですが、「寝たらリセットされる」という安心感があるので、何だか楽しい。

寝る事はリセットされるという事

そう、人にとって寝るという事は本当に大切な事。

人は寝て居る間に「脳」の掃除をしています。起きている間は掃除なんてできません。

睡眠中に頭と体と心のリセット(補修作業、整理整頓)を行っているのです。

だから、悪い睡眠が続くと、なんだかイライラするし、心が安定しないから人に接する事も億劫になってきます。生活のリズムも悪くなるし、段々と心と体の調子が悪くなって、全てが肩こり、首凝りの原因となってしまいます。

そうなると、さらに毎日のくらしが楽しくないですよね。

この枕を使った体験者の声では

この枕についている乾燥や体験エピソードを読んでいると

「胃腸薬や頭痛薬の量が減った」とか

「毎日寝るのが楽しみ」

「夜が楽しみで食事に神経質にならなくて済み、経済的に良い」と書かれていました。

正直、使う前だったら「おいおい、、、空気のマクラ一つで、、、」と思っていたのですが、今では「分かる!!分かるわ!!」に変わったのは自分でも驚きです。

確かに、不眠や肩こりなんて、色々な理由やその人の生活習慣にも大きく影響しているでしょう。

睡眠が十分で安眠出来ているのに、肩こりが治らない人もいると思います。

「でも、もう、何を試していいのか分からない。」

「今度、数万円する高級なマクラを購入するつもりだ、、」

なんて言う方は、とりあえずこの安眠ウェーブ枕を試してみてはいかがでしょうか?

そんなに小さな本屋じゃない限り、普通に売っていると思います。

通販ならこちら

安眠ウェーブ枕の使い心地は

中央がくぼんでいて空気を入れ過ぎない限り、そこに頭がフィットします。なかなか安定していて、頭が支えられている感じがするのですが、「空気」なので、優しくて圧迫感が全くない感じが楽ちんです。

私はまっすぐ寝る事が苦手で、横向きか、うつ伏せに寝る事が多いので心配でしたが、特に問題はありませんでした。多少、左右のふくらみの方へ頭が移動しても、やっぱりそこは「空気」なので、丁度いい具合に空気が移動するので多少位置がずれても大丈夫でした。

詰め物が詰まっていると、変に頭の一部が当たって気になる場合もあるのですが、この枕ではその違和感がありません。

最初こそ、中央の窪みに頭が来るように意識していましたが、最近ではあまり気にしません。これよりかは、ちゃんと首に当たっているかどうか、ちゃんと首を支えているかの方が気になります。

所詮(すごく失礼!)空気枕なので、軽くてすぐどこか飛んでいきそうな感じもするのですが、枕をタオルで包むので摩擦で簡単に移動する事もありませんでした。

軽くて畳めるので、旅行先なのにも簡単に持っていけるのが便利ですよね。

私の知り合いで、オーダーメイドの枕しか使えない人がいるのですが、大きな枕を旅行に持ってくるので、わざわざ一番大きなトランクに買い替えた人もいる位です。(しかもトランクの大半が枕で埋まってしまう、、、)

こんなに安くて便利で簡単な枕、私は他には知りません。

廃盤になったらどうしようかなあ、、、なんて、今はそれが心配です。なにせ耐久性だけが弱点ですから。(やはり、一年くらい使うと、空気がどこからか漏れてしまいました。スペアのつもりで私は3つくらい常備しているんですよ)

枕で悩んでいる方はぜひ挑戦してみてください。

大きめな本屋さんなら取り扱っているところは多いと思いますよ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました