ハリオV60で美味しいコーヒーの入れ方をマスターしy

日記

数年前から、静かなコーヒー革命が起きているのは御存じでしたか!?

コーヒードリップといえば、台形の円すいみたいな独得の形だったのが、スッキリ円すいになっているのです。

コーヒーショップの方に美味しいコーヒーの入れ方を教えてもらってから、

わおーの連続で、前よりもっとコーヒーが好きになりましたよ。
こんなきれいな円錐の形です。

ハリオV60でコーヒーをドリップしてみよう

どうしてハリオV60がお勧めなのか。

それはとってもお手頃価格なのに、本格的なコーヒーを入れることが出来るからです。

ドリップが出る場所が1つしかないから(台形のドリップだと、だいたい3つの穴ですよね)すぐに流れることなく、ある程度時間をかけて蒸されて抽出されます。

難しいこともなく美味しいコーヒーが作れるうえ、形がシンプルだから洗うのも楽ちんだし、かさばらないところも素敵。

ハリオⅤ60をつかった、1人分(マグカップ)の作り方

カップはあらかじめ温めておくのは鉄則ですよ。

専用の円すい型フィルターに、メジャーで計ったコーヒー1人分を入れます。

ここにお湯をまず中心に注ぎます

下のカップにドリップがぽたぽた落ちてきたら、円を描くように外側に向かってぐるぐる注ぎ粉全体を蒸らします。

粉全体にお湯がかかればOK。

コーヒーをそのまま2分蒸らす

はい、ここで2分待つのです

よくドリップコーヒーの作り方では「30秒ほど待つ」とかかれていることが多いのですが、2分を試してみてください。

絶対に後悔はさせませんよ。

わたしは、この貴重な時間、トイレに行くか台所周りの整理に使う。意外とはかどりますし、あなどれない時間なのです、、、

2分たったら抽出開始

今度は外側じから中心に向かってぐるぐるお湯を注ぎます。

マグカップの半分まで溜まったら終了

とりあえず、飲みたい量の半分だけを抽出すること。

あとの半分はお湯を入れます。ここ重要。

実は、ドリップコーヒーのうまみ成分は最初の方に出てしまっているので(ファーストドリップが一番おいしいといいますよね)後半のドリップは、苦み成分がどんどん多くなっていくのです。

必要な量の半分の抽出で旨み成分だけのドリップになるのです☆彡

お湯を足しても、「薄い」ことはありません。

もちろん、コーヒー豆自体の良し悪しも、好みもあるので一概には言えませんが、私が感じているのは「あと味がスッキリした」。

美味しいのに軽いので、何杯でも飲めそうなのが怖いですね!!

コーヒードリッパー円すい型の利点

メーカーのハリオの説明によると

  • 注がれたお湯が中心に向かって流れていくのでコーヒー豆に長く触れ、成分をより抽出することができる
  • ドリッパーからの制限を受けることなくネルドリップに近い抽出ができる
  • お湯を注ぐ速度により好みの味のコーヒーが出来る。
  • このハリオのドリッパーは独自の構造で空気の抜けが良く粉がしっかりと膨らむ

ということで、メリットしかありません。

円すいフィルター安売りしてない問題

この円錐型のドリップ、いいことばかりではありません。

専門店でないと、まだまだ円すい型のフィルターは売られていないからです。

あ、フィルターがなくなった!!と思ってスーパーに行っても、あまりお取り扱いが無いのです。

ネットで買おうにも、送料を考えるとなかなか二の足を踏んでしまいます。

そこで私が考えた方法をご紹介しましょう!

良く打っている台形のフィルターを

こう折る。

これで円すい型になりましたねっ。

手に入りやすいので、私はこれを愛用しています。

専門のフィルターと味を比べたことがないので何とも言えませんが、、、

わたしにとっては十分でした!!

普段忙しくて、息をつく暇がない!という人にこそ、ドリップコーヒーはお勧めです。

自分のためだけに、丁寧に入れるコーヒーは特別美味しいものです。

ちょっとした気分転換にもなるので、ぜひぜひハリオV60で美味しいコーヒーを味わってみてくださいね!


コメント

タイトルとURLをコピーしました